• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 商工労働部 工業技術センター > 食品資源分野の研究紹介(食品・醸造班)

ここから本文です。

更新日:2021年11月17日

食品資源分野の研究紹介(食品・醸造班)

健康食品関連研究

 粉粒体殺菌技術に関する研究

菌工程は健康食品製造にとっても重要な工程ですが、依然として県外企業に委託している企業が多くあります。
研究ではパイロットスケール粉粒体殺菌機を用いて、共同研究を行う企業5社が必要とする健康食品原料の粉粒体に対し、殺菌圧力と過熱温度を変えて殺菌試験を行い、品質劣化を抑えられる殺菌条件(圧力や蒸気温度など)の手がかりが得られました。

【関連する資料】

  1. 研究報告
  2. 技術支援事例集
  3. 技術情報誌
  4. その他
    • 健康食品素材の殺菌技術、工連ニュース(2019年10月号、p24)

 

ページの先頭へ戻る

 沖縄県産紅藻Agardhiella subulataを用いた健康食品の開発

A.subulata は、久米島等で養殖実績のある海藻ですが、その利用はモーイ豆腐原料であるイバラノリの代用や、佃煮への加工に留まっています。

研究では、当県保有の特許(特許6617230号)を活用して金秀バイオ(株)と共同研究を行い、A.subulata 由来のフィコエリスリン含有抽出物や、酵素処理による色素ペプチド等の健康食品の製品化に取り組んでいます。

 【関連する資料】

  1. 研究報告

 

ページの先頭へ戻る

 健康食品素材と代表的成分の活性評価と加工に関する研究

 

センターでは、生物資源ライブラリと機能性データベースを保有し、県内企業と共に製品化を行ってきました。
研究は、県内健康食品業界からの要望を受け、県内企業が使用している素材の機能性情報を収集し、素材中の成分と活性評価を行うと同時に、加工に関する研究も行っています。

 

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働部工業技術センター(代表)

〒904-2234 沖縄県うるま市州崎12-2

電話番号:098-929-0111

FAX番号:098-929-0115

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?