レプトスピラ症の集団発生事例

ページ番号1022243  更新日 2023年9月12日

印刷大きな文字で印刷

レプトスピラ症は、病原性レプトスピラという細菌の感染によって引き起こされる人獣共通感染症です。沖縄県では、令和5年9月4~6日に、八重山保健所管内医療機関より八重山保健所にレプトスピラ症を疑う患者5例の報告があり、県衛生環境研究所で検査を実施したところ4例が陽性となりました(1名は検査中)。

八重山保健所の調査において当該患者らは、8月21日に友人ら複数名で竹富町西表島の河川でカヌーをしていたことから、当該河川を感染源とするレプトスピラ症の集団発生事例と判断されました。

なお、集団発生の公表は平成28年9月以来となります。

関連リンク

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

沖縄県 保健医療部 ワクチン・検査推進課
〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階第1・第2・第3会議室
電話:098-866-2013 ファクス:098-869-7100
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。