カツオノカンムリに注意!!

ページ番号1005043  更新日 2024年1月11日

印刷大きな文字で印刷

写真:カツオノカンムリ1

写真:カツオノカンムリ2

写真:カツオノカンムリ3

カツオノカンムリとはどんな生物?

クラゲの仲間で、青い円盤のような形をしており、盤上に帆のような三角板をもっています。

触れると刺されて痛くなることがあるため見つけても触らないようにしてください。

どこに生息しているの?

世界中の熱帯・亜熱帯に広く分布しており、海流にのって日本近海にくることがあります。通常は外洋性で沖合に生息しています。気泡体と呼ばれる浮袋で海面上に浮かび、帆のような部分で風を受けて海面上を漂います。風によって沿岸に大量に漂着することがあり、過去にも沖縄や県外で漂着事例が報告されています。

触ってしまったときは?

症状には個人差がありますが、痛みや皮ふ炎がでることがありますので、医療機関(皮ふ科など)を受診してください。また、非常にまれですが、別種のクラゲでは刺症被害にあうことでアナフィラキシーと呼ばれる強いアレルギーを起こした事例もありますので注意してください。

このページに関するお問い合わせ

沖縄県 保健医療部 衛生環境研究所
〒904-2241 沖縄県うるま市兼箇段17-1
電話:098-987-8211 ファクス:098-987-8210
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。