• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 社会基盤 > 建築・開発 > 事業概要・制度概要 > 建築確認 > 建築基準法関係 > 構造計算適合判定について > 沖縄県建築設計サポートセンターについて(平成20年10月20日)

ここから本文です。

更新日:2014年3月17日

沖縄県建築設計サポートセンターについて(平成20年10月20日)

1.設立趣旨

本土では住宅の多くが木造で造られているのに対し、沖縄県の住宅は、台風が多い地域特性から構造計算を要する鉄筋コンクリート造で造られるのが一般的となっている。

平成19年6月の改正建築基準法施行後、構造計算適合性判定制度の創設など構造審査の厳格化がなされたため、構造計算が必要な建築物が多い沖縄県では構造計算にかかる業務量の増加及び構造審査の厳格化に対応できる構造技術者の不足により、建築着工数が減少している。

これまで公共工事の減少を民間工事の受注を増やして、生き残りをかけていた建設業界にとって、改正建築基準法による民間工事の建築着工数の減少は大変な痛手であり、さらに建築工事は関連業種が幅広いため、建築関係業界や経済への影響が憂慮されている。

その最大の原因は構造設計者不足であり、これを改善するため、国土交通省及び県の支援の下、沖縄県建築設計サポートセンターを設立し、県内構造技術者のスキルアップや構造技術者の増を図る。

また、平成20年11月に施行される改正建築士法で創設される構造及び設備一級建築士制度への対応についても、当該機関の法適合確認事業で行うなどのサポートを行い、県内建築業界への影響を抑える。

 

2.今後の予定

沖縄県建築設計サポートセンターは、平成20年10月21日に沖縄県建築士事務所協会内に設置し、年明けにNPO(現在設立に向け準備中)に移行していく予定。立ち上げ及び年内の運営については国土交通省が支援し、年明け後は県で支援していく予定。

 

3.事業概要

事業概要については、当該ファイル(エクセル:57KB)を参照

 

お問い合わせ

土木建築部建築指導課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟10階(北側)

電話番号:098-866-2413

FAX番号:098-866-3557

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?