• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2017年8月28日

儀間ダム定礎式


儀間ダム定礎式を行いました。(平成23年10月28日)

久米島町の儀間川水系儀間川(県管理二級河川)に建設を進めている儀間ダムにおいて、工事の安全と将来の永きにわたるダム施設の安泰を祈願する「儀間ダム定礎式」を平成23年10月28日(金曜日)に開催しました。

定礎式とは、建造物の永遠の堅牢ならび安泰、繁栄を祈願する儀式で、礎石をダム本体に埋納するものです。
この定礎式は、ダム完成時に行われる竣工式と並んで、我が国のダム建設における伝統的な行事です。

儀間ダム礎石

 

定礎式

儀間ダム定礎式看板

はじめに施工業者主催の修祓(しゅばつ)式が執り行われ、その後、定礎式が開催されました。

工事経過報告、来賓祝辞と続いたあと、ダム事務所職員と施工業者によって礎石が搬入され、「鎮定(ちんてい)の儀」、「斎槌(いみづち)の儀」とすすめられたあと、ダンプに積まれたコア盛立材が放荷され、礎石が埋納されました。

最後にくす玉開披、万歳三唱で定礎を祝い、式典は滞りなく終了しました。

修祓(しゅばつ)式

儀間修祓式 儀間修祓式3
儀間ダム修祓式5 儀間ダム修祓式6
儀間修祓式4 儀間修祓式2

定礎式

儀間ダム会場

式典会場

儀間ダム定礎式挨拶

久米島町長挨拶

儀間ダム定礎式参加者

出席の方々

 

礎石搬入

礎石を鎮定の場所まで搬入するために、沖縄県ダム事務所長が先導し、職員・施工業者が隊列をとり、「国頭サバクイ」の歌に合わせ礎石を担ぎ行進します。

儀間ダム定礎式礎石搬入  

鎮定(ちんてい)の儀

搬入された礎石を固定するために、礎石の四隅にピンを打ち込みます。なお、この礎石は、与世田兼稔副知事(当時)による揮毫です。

儀間ダム定礎式鎮定の儀

儀間ダム定礎式礎石配置

斎槌(いみづち)の儀

礎石の四隅を木槌でたたいて、しっかりと納めます。

儀間ダム定礎式斉槌の儀

 

コア盛立材放荷、埋納作業、くす玉開披・閉会

儀間ダム定礎式放荷

ダンプでコア材を脇までもってきます。

儀間ダム定礎式埋納

ブルドーザーでコア材を押しすすめ礎石を埋めます。

儀間ダム定礎式万歳三唱

万歳三唱

儀間ダム定礎式くす玉

くす玉開披

来賓の皆様ならびに関係者の皆様ありがとうございました。

終わりに

関係者のみなさま、お疲れ様でした。

儀間ダム定礎式沖縄県

沖縄県土木建築部の関係者の皆様

 

儀間ダム定礎式本体JV2

清水建設・金秀建設・宮城組JVの関係者の皆様

儀間ダム定礎式本体JV1

清水建設・金秀建設・宮城組JVの関係者の皆様

お問い合わせ

土木建築部南部土木事務所(代表)

〒900-0029 沖縄県那覇市旭町116-37 沖縄県南部合同庁舎7階、8階

電話番号:098-866-1129

FAX番号:098-866-6906

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?