• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 商工労働部 労働政策課 > 新型コロナウイルス感染症対策による県立職業能力開発校の休校期間及び職業訓練再開について

ここから本文です。

更新日:2020年5月15日

新型コロナウイルス感染症対策による県立職業能力開発校の休校期間及び職業訓練再開について


 国が、5月14日に全都道府県のうち沖縄県を含む39県について、緊急事態宣言の解除を決定したところでありますが、県としましては、県民と事業者に対する休業要請や活動自粛の要請を、基本的に5月20日までとするとともに、感染流行の第2波、第3波を見据えた持続的な感染予防対策の定着を促進すること、等に取り組むこととしております。


 そのため、県立職業能力開発校につきましても、臨時休校の期間を5月20日(水)までとし、以下のとおり職業訓練を再開することとします。


1.臨時休校の期間
  臨時休校は令和2年5月20日(水)までとする。

 

2.職業訓練の再開について
(1)職業訓練の再開は令和2年5月21日(木)とする。


(2)当面の間、訓練生においては、登校前に毎回検温を行わせ、37.5度以上の発熱または風邪症状、強い倦怠感などの体調不良がないことを確認した上で登校させ、体調不良があった場合には指導員へその旨連絡し、自宅休養をさせる。欠席届等の取扱については校則に基づき所要の手続きをとること。

(3)訓練施設内では、マスク着用や手洗いの励行等、感染症対策を徹底すること。また、集団感染のリスクを高める3密(密閉、密集、密接)が重ならないよう対策を講じること

(4)訓練施設内では、通常の清掃に加えて、消毒用アルコールや薄めた家庭用塩素系漂白剤を用いて、特にドアノブ、スイッチ、手すり、テーブル、椅子、トイレの流水レバー、便座等人がよく触れるところの拭き取り清掃の実施を徹底すること。

 

3.訓練再開後の出席等の取り扱い
 訓練生が新型コロナウイルスに感染した場合、または保健所に濃厚接触者とされた場合には登校させず、病欠またはやむを得ない事由の欠席として扱うこと。また、上記2(2)も同様とし、それ以外は正当な事由がない欠席として扱うこと。

 

4.行事等の取り扱い
 行事等は、当面の間、中止または延期とすること。

 

5.保健管理に関すること
 訓練生においては、緊急時以外の県外、離島への渡航は、当面の間控えさせること。また、緊急事態宣言の区域には渡航自粛を徹底すること。 

 

【通知文】

 新型コロナウイルス感染症対策による県立職業能力開発校の休校期間及び職業訓練再開について(通知)(PDF:94KB)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働部労働政策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟8階(南側)

電話番号:098-866-2366

FAX番号:098-866-2355

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?