• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 産業・仕事 > 雇用 > 障害者雇用促進法が改正されました

ここから本文です。

更新日:2012年8月20日

障害者雇用促進法が改正されました

平成24年8月以前に公表したページです。ページに記載されている内容は現在では終了していたり、変更になっていたりする可能性があります。

平成22年5月13日
沖縄県観光商工部雇用労政課

障害者の雇用の促進等に関する法律が改正され、平成22年7月から、

  1. 障害者雇用納付金制度の対象事業主が拡大され、常用雇用労働者が301人未満201人以上の事業主も対象になります。
  2. 週所定労働時間が20時間以上30時間未満の短時間労働者も、障害者雇用率制度の算定の対象となります。

障害者雇用率制度とは

障害者の雇用の促進等に関する法律では、事業主は常用雇用労働者の1.8パーセント(小数点以下切り捨て)以上の障害者を雇用しなければならないと定めています。これを超えて障害者を雇用している場合には、1人1月あたり27,000円の障害者雇用調整金が支給され、これに満たない場合には1人1月あたり50,000円の障害者雇用納付金を納付することになっています。

雇用障害者数が法定雇用率(1.8%)を 上回る→調整金の支給
下回る→納付金の納付

1障害者雇用納付金制度の対象事業主の拡大について

これまで、障害者雇用納付金の納付対象となっていたのは、常用雇用労働者が301人以上の事業主に限られていましたが、平成22年7月からは、201人以上の中小企業の事業主も納付対象となりました。

平成27年までの間、新たに対象になった事業主の納付金は、1人1月5万円ではなく4万円になります。

2障害者雇用率制度の短時間労働者の算定対象化について

これまで、障害者雇用率の計算では、週所定労働時間が30時間以上の労働者を対象にして計算をしてきましたが、平成22年7月からは、週所定労働時間が20時間以上30時間未満の労働者も、0.5として計算することになりました。

雇用障害者数のカウント方法
週所定労働時間 30時間以上 20時間以上
30時間未満
身体・知的障害者

1

0.5

重度の身体・知的障害者

2

1

精神障害者

1

0.5

常用雇用労働者のカウントにおいても、週所定労働時間が20時間以上30時間未満の労働者を0.5として計算します。

3障害者の雇用に関する相談窓口

障害者の雇用に関しては、各ハローワークに相談窓口があります。

沖縄県内のハローワーク一覧
名称 電話番号
ハローワーク那覇 098-866-8609
ハローワーク沖縄 098-939-3200
ハローワーク名護 0980-52-2810
ハローワーク宮古 0980-72-3329
ハローワーク八重山 0980-82-2327

また、本島北部・中部・南部に設置されている障害者就業・生活支援センターでは、事業主の方々からの相談も受け付けています。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働部雇用政策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟8階(南側)

電話番号:098-866-2324

FAX番号:098-866-2349

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?