• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2013年3月15日

天皇皇后両陛下、「御覧」会場の水槽展示

天皇皇后両陛下に、「御手渡し」および「ご放流」の魚種を詳しく見て頂くために、「御覧」という行事があります。

「御覧」は、非公式行事ではありますが、両陛下に沖縄の水産資源を知って頂く上で重要な行事です。

当栽培漁業センターでは、総力を挙げて、「御覧」用展示水槽の準備・設置にあたりました。

以下に、「御覧」展示水槽の様子を紹介します。




「御覧」会場の全景
右から、タカセガイ、シラヒゲウニ、イシサンゴ、ヒメジャコ、ハマフエフキ、ヤイトハタの順。




タカセガイ~ヒメジャコ(右から)までの「お手渡し」の無脊椎動物




ハマフエフキ、ヤイトハタ(右から)の「ご放流」魚




タカセガイ水槽

左から5~6年の天然成貝、2歳貝、1歳貝の順。
1~2歳貝は、当栽培漁業センターで生産しました。

天然成貝は、夜、隔壁を乗り越えて、水槽内で暴れ回ります。
そのため、「御覧」当日の朝に水槽内に収容しました。





シラヒゲウニ水槽

水槽のウニは、当栽培漁業センターで生産したふ化後2~3ヶ月のものです。

当初は、一歳ウニや5~6ヶ月のウニも展示する予定でしたが、
輸送中に放卵・放精を始めてしまいました。
そのため、水槽の濁りが懸念されてので、やむなく展示を取り止めました。






イシサンゴ水槽

水槽には、4種類の「ミドリイシ」の仲間が入っています。


4種類のミドリイシは、沖電開発、恩納村漁協、グリーンコーラル、チーム美らサンゴ(五十音順)が、
それぞれクローン増殖したものを提供して頂きました。





ヒメジャコ水槽

水槽左の大型貝は天然母貝、その隣りのガラス・シャーレに入ったものは数ヶ月~1年半の稚貝、
右端の正方形の人工基質に埋め込まれたもの、および水槽後方のポット型人工基質のものはそれぞれ1年半の稚貝。


稚貝は、もちろん当栽培漁業センターで生産したものです。





ハマフエフキ水槽

水槽の魚は、当栽培漁業センターで採卵・生産したふ化後6ヶ月のものです。

ライブロックを入れたり、サンゴ砂を入れたり、とデイスプレイを工夫。


展示作業中、思いも寄らぬトラブルが2度も発生。
展示担当者は大慌てで対応にあたりました。
数々のトラブルを乗り越えて、この展示水槽が完成しています。




ヤイトハタ水槽

水槽の魚は、沖水海研石垣支所で採卵し、当栽培漁業センターが生産したふ化後6ヶ月のものです。

この水槽もライブロックやサンゴ礫、塩ビパイプ(しかもHTVP)のシェルターでデイスプレイを工夫。

水槽内の魚がライブロックの陰やシェルター内に隠れて目立ちません。
こののち、さらに十数尾を追加収容して過密状態にし、魚がよく見えるようにしました。








天皇皇后両陛下は、水槽の魚種に非常にご興味を持たれ、
たくさんの質問や励ましのお言葉を頂きました。







お問い合わせ

農林水産部栽培漁業センター(代表)

〒905-0212 沖縄県国頭郡本部町大浜853-1

電話番号:0980-47-5411

FAX番号:0980-47-5412

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?