• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 農林水産部 八重山農林水産振興センター農林水産整備課 > 平成19年度バックナンバー > ふるさといきがい農業支援事業が終了を迎えました(平成20年2月16日)

ここから本文です。

更新日:2016年8月23日

ふるさといきがい農業支援事業が終了を迎えました(平成20年2月16日)

セレモニー会場となった石垣市農業開発組合会議室の写真
セレモニー会場となった石垣市農業開発組合会議室

12月からスタートした「ふるさといきがい農業支援事業」がいよいよ最終日である収穫の日を迎えました。

まず、今回の防風林帯近くにある石垣市農業開発組合の会議室でセレモニーが行われ、当課計画調整班の増村班長や講師である大城氏、宮良川土地改良区の宮良局長のあいさつなどがありました。左から当課の増村計画調整班長、講師の大城幸一氏、宮良川土地改良区の宮良局長の写真左から当課の増村計画調整班長、講師の大城幸一氏、宮良川土地改良区の宮良局長

この日は、防風林であるフクギへの追肥もあわせて行い、参加者はそれぞれの区画内のフクギに肥料を散布しました。

今回使用したのは「ウッドエース」という種類で、2年程効果が続く遅効性の肥料です。

フクギに肥料を散布する参加者の様子
フクギに肥料を散布する参加者の様子

引き続き大根の収穫を行いました。おもしろいことに、適切な時期の間引きなど、きめ細かな管理を行ったか否かの違いがあらわれたせいか、各区画において大根の生長具合が全く異なり、30cm程度ある区画から、10cmに満たない区画まで様々でした。

大根を収穫して喜ぶ参加者の皆さん。結構な豊作です。
大根を収穫して喜ぶ参加者の皆さん。結構な豊作です。

しかしながら、「最初にしては上出来!」と皆さん楽しそうに収穫を行い、最後に記念撮影をして本事業は無事終了しました。

参加者アンケートには、

「実際に畑地に来てみて風の強さを知った。防風林はぜひ必要である」

「もっと防風林を増やすことで、安定した農業になると思う」

「八重山の生活環境、自然との共生の為に防風林は増やすべき」

といった意見がでており、防風林に対する意識が強まったことがうかがえます。

なお本事業では、防風林がほぼ順調に活着していることや参加者からの要望が強かったことから、希望者には防風林の維持管理を条件として継続使用を認める方針です。

今後は防風林帯利用者独自で会を組織し、県や土地改良区の手を離れて運営をしていただくこととなり、宮良安晃氏に代表となっていただきました。

当課では、現在進めている宮良川管内の防風林再整備とあわせて今回の事業を継続実施することで、防風林が多くの方に愛される存在となるようがんばっていきたいと思います。

集合写真
ふるさといきがい農業支援事業の参加者と関係者の皆さん。
フクギの写真

 

 

イベント内容を掲載した新聞記事の写し

八重山毎日新聞(平成20年2月17日)

お問い合わせ

農林水産部八重山農林水産振興センター農林水産整備課(代表)

〒907-0002 沖縄県石垣市真栄里438-1 沖縄県八重山合同庁舎4階

電話番号:0980-82-2342

FAX番号:0980-83-3542

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?