• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 農林水産部 八重山農林水産振興センター農林水産整備課 > 平成19年度バックナンバー > 第2回目の生育アドバイスが行われました(平成20年1月9日)

ここから本文です。

更新日:2016年8月23日

第2回目の生育アドバイスが行われました(平成20年1月9日)

朝日がまぶしい字大浜大道原の防風林帯の写真
朝日がまぶしい字大浜大道原の防風林帯
1月9日早朝、第2回目の生育アドバイスが行われました。

野菜を植え付けて約1ヶ月が経過し、それぞれ成長してきたことからこの日は大根の「間引き」を行いました。

大根は根が大きくなることから、株同士が密集していると成長が阻害されてしまうため、株同士に20cm以上距離を置かなければなりません。
間引きする参加者の写真
間引きする参加者。右は大量に収穫された大根の葉。「おひたし」などに良さそうです。
この「間引き」作業は、葉が5枚ほど出てくる植え付け約2週間後からはじめるのが適当ですが、参加者の中にはまだ一度もやっていなかったため大量の葉を収穫する方もいました。

ちなみに今回の事業では、生育時期に応じて必要な作業など連絡事項を防風林帯内に設置した看板に随時張り出し、また、当課ホームページ上でも掲示しています。


農薬を散布する様子
写真右は農薬散布の様子。肩にかける小型の噴霧器を使用しました。

また、この日は大根はアブラムシやシンムシが発生しているということで、「オルトラン」という農薬の散布も行いました。
フクギの新芽の写真など
写真下はフクギの新芽(赤マル内)

講師の大城さんの名言である「野菜は人の心を写し出す鏡」のとおり、この時期になると各区画で野菜の生育状況が異なってきました。

やはり、毎日こまめに通って水をまいている方の区画は生育が良いようです。

また、防風林であるフクギには新しい芽が生えてきており、野菜、防風林ともに元気で何よりです。

 

 

当日の内容を掲載した新聞記事
八重山日報(平成20年1月10日)

お問い合わせ

農林水産部八重山農林水産振興センター農林水産整備課(代表)

〒907-0002 沖縄県石垣市真栄里438-1 沖縄県八重山合同庁舎4階

電話番号:0980-82-2342

FAX番号:0980-83-3542

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?