• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 農林水産部 八重山農林水産振興センター農林水産整備課 > 平成19年度バックナンバー > 石垣市で農地・水・環境保全向上対策がスタートしました(平成19年4月23日)

ここから本文です。

更新日:2016年9月16日

石垣市で農地・水・環境保全向上対策がスタートしました(平成19年4月23日)

石垣市役所庁議室の写真
石垣市役所庁議室にて開催されました地域住民と農家が共同し、農業用施設の維持管理と農村環境の向上を図る「農地・水・環境保全向上対策」が石垣市において本格的にスタートしました。

この日は、石垣市と共同活動組織が、活動の確実な実施と資金の交付等に関する協定を結ぶ調印式で、石垣市は3つの団体(下表参照)と協定を結びました。

石垣市の大濵長照市長から、「昨年度のモデル地域は国においても高い評価を得ていると聞いている。今年度も計画的に活動を進めてほしい。」とあいさつがあり、その後、各組織代表からのあいさつがありました。

あいさつする大濱長照石垣市長と黒島直茂農林水産部長の写真
あいさつする大濱長照石垣市長(右)と黒島直茂農林水産部長石垣中北部資源保全協議会の喜友名代表からは、「平成18年度は明石、伊野田でモデル事業を導入したが、農道の維持管理がなされ、交通安全の意味からも喜ばれている。すばらしい事業を入れていただいて感謝している」とのあいさつがありました。

また、「みやらがわ地域資源保全の会」の東田盛代表からは、「せっかく整備された農地なので、生産者が自覚を持って管理し、末代までひきついでいきたい」との抱負を語りました。

さらに、「嵩田地域資源保全の会」の川満代表からは、「地域として3年前から共同作業をしている。作業の中から、共通意識やコミュニケーションが生まれているので、本事業もうまく活用していきたい」とあいさつを行いました。
各活動組織の概要表
これからの活動への抱負などを述べる各地域活動組織の代表者の様子
これからの活動への抱負などを述べる各地域活動組織の代表者。
左:喜友名代表(石垣中北部資源保全協議会)、中:東田盛代表(みやらがわ地域資源保全の会)、右:川満代表(嵩田地域資源保全の会)
その後それぞれが協定書に調印し、八重山支庁から

「本施策は5年間の事業となっていますが、その後何らかの形で継続されるか否かはこれから数年間の各組織の活動次第であり、その意味でも皆様にはがんばっていただきたい」

と激励のあいさつを行い、無事に本施策がスタートする運びとなりました。

特に農家の皆さんにおかれましては、自身の大切な農地ですので、ぜひ先頭に立って共同作業をリードしていただくことを期待しています。
関係者一同による記念撮影の様子
関係者一同による記念撮影。
左から増村班長(八重山支庁農林水産整備課計画調整班長)、黒島部長、川満代表、
大濱市長、喜友名代表、東田盛代表、高宮氏(嵩田の会副代表)


左:八重山毎日新聞、右:八重山日報(いずれも平成19年4月24日)

お問い合わせ

農林水産部八重山農林水産振興センター農林水産整備課(代表)

〒907-0002 沖縄県石垣市真栄里438-1 沖縄県八重山合同庁舎4階

電話番号:0980-82-2342

FAX番号:0980-83-3542

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?