• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 産業・仕事 > 水産業 > 事業概要・制度概要 > 漁港・魚場整備 > 水産物供給基盤機能保全事業

ここから本文です。

更新日:2014年12月17日

水産物供給基盤機能保全事業

これまでに整備された漁港施設の中には、老朽化によりその機能や安全性が低下する恐れのある施設が今後ますます増大すると予想されます。そこで、当事業では既存の漁港施設(ストック)を有効に活用し、長寿命化を図るストックマネジメントの手法を用いることで、施設管理を体系的に捉えた計画を策定し、更新コストの平準化・縮減を図ります。

水産物供給基盤機能保全事業でできること

  • 施設の老朽化状況を調べる機能診断の実施および機能診断結果に基づく機能保全計画の策定。
  • 機能保全計画に基づき、保全工事を実施。

 

作業フロー図

 

機能保全計画と関連する作業フロー

事例紹介

沖縄県では、当事業を活用し機能保全計画策定後、順次整備を行っています。

整備事例(久部良漁港)

久部良漁港で2号船揚場が老朽化等により、前面の張りブロックが沈下、破損し、漁船の上げ下ろしに多大な労力を要することや、破損部に台車を引っかけ漁船の転倒などが発生する恐れがあるため、船揚場の改修工事を行った。

対象施設の簡易調査・詳細調査
陸上部分 水中部分
kubura10 kubura1
kubura2 kubura3

調査の結果、施設の機能が低下していると診断された!

保全工事の実施へ

整備前

整備後

kubura4 kubura5

船揚場の健全度調査を行い老朽度を評価する

改修工事を行い、機能を維持。

1.陸上部分整備前 1.陸上部分整備後
kubura6 kubura7

張りブロックの目地が開き隙間が見られる

張りブロックを剥がしコンクリート舗装により機能を回復した。

2.水中部分整備前 2.水中部分整備後
kubura8 kubura9

水中部分の張りブロックにおいても目地が開き隙間ができている。

張りブロックを剥がしコンクリート舗装により、機能を回復した。

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

農林水産部漁港漁場課整備班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟10階(南側)

電話番号:098-866-2305

FAX番号:098-866-2996

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?