• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 産業・仕事 > 畜産業 > 事業概要・制度概要 > 自給型畜産経営飼料生産拡大普及推進事業について

ここから本文です。

更新日:2021年1月5日

自給型畜産経営飼料生産拡大普及推進事業について

自給型畜産経営飼料生産拡大普及推進事業の概要

1.目的

 畜産経営の大半を飼料費が占める中で、近年は購入飼料の高騰化・高止まりが続いており、経営への負担となっている。購入飼料は外的要因により価格の変動が大きいことから、安定した畜産経営を行うためには飼料増産をし、飼料自給率を向上させることが重要である。しかし、限られた草地面積での生産性には限界があることから、高収量の得られる牧草の普及・拡大を図り、年間を通して安定的な収量が確保できる作付体系の確立等が必要がある。 

そのため「沖縄21世紀ビジョン基本計画」に基づき、本県における畜産振興を図るために、収量の減少する冬季の対策として、寒地型牧草と暖地型永年草との作付体系の確立を図るとともに、経年劣化した永年草地の再生により安定的な収量を確保する作物生産基盤の構築として草地の簡易更新を支援する。また、高収量の期待できるケーングラスや飼料用トウモロコシ等の長大飼料作物の普及・拡大に取り組むと共に機械化収穫体系の確立を図ることで本県の飼料自給率向上に資する。

2.事業期間

 令和元年度~令和3年度(3年間)

3.事業内容

 ① ケーングラス(飼料用サトウキビ)種苗圃場の整備

 ② 牧草栽培技術確立試験(寒地型牧草・簡易更新の確立)

 ③ 長大飼料作物の機械化収穫体系確立試験

 ④ 寒地型牧草や長大飼料作物等の栽培管理技術の指導・支援

4.参考資料

 ① 事業概要(PDF:74KB)

 ② 沖縄県における長大飼料作物の利用(PDF:3,676KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部畜産課飼料基盤班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟9階(南側)

電話番号:098-866-2269

FAX番号:098-866-8411

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?