• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2019年2月5日

韓国で口蹄疫が発生しました

 韓国では、2018年3月以来、10ヶ月ぶりに牛で口蹄疫(O型)の発生が確認されました。

 2018年3月の発生は、豚で口蹄疫(A型)の発生であり、韓国には複数タイプ(A型、O型)が存在しています。

 韓国口蹄疫リーフレット(190205)(PDF:2,967KB)

 

畜産農家の皆様へ

 畜産農家においては、畜舎消毒を徹底し、日頃から家畜の状態をよく把握しておくなど、飼養衛生管理基準を遵守して発生を未然に防ぐことが何より重要なことです。万が一、疑わしい症状が見られた場合は、躊躇せずに家畜保健衛生所や市町村に通報してください。

  • 家畜防疫に関する最新の情報を確認しましょう。
  • 衛生管理区域を作り、出入り口での消毒を行いましょう。
  • 家畜の健康観察を行いましょう。

海外へ旅行される方へ

 日本の周辺国では、アフリカ豚コレラ、口蹄疫、高病原性鳥インフルエンザなどの日本で発生のない家畜伝染病が発生しています。
 これらの国々を訪問する際には、家畜を飼育している農場などへの立ち入りは極力避けるようにしてください。        

 我が国への病気の侵入を防止するため、皆様方のご理解とご協力をお願いいたします。

口蹄疫の発生状況

 口蹄疫に関する情報(農林水産省HP)(外部サイトへリンク)

口蹄疫の特徴

  • 口蹄疫は、口蹄疫ウイルスの感染による急性熱性の伝染病。
  • 伝染力が非常に強く、牛、水牛、豚、山羊などの家畜や野生生物を含む殆どの偶蹄類が感染する。
  • 症状は、口や蹄及び乳房周辺の皮膚や粘膜に水疱が形成されたり、発熱、過度の流涎など。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部畜産課防疫衛生班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟9階(南側)

電話番号:098-866-2269

FAX番号:098-866-8411

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?