• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2014年9月2日

マルチ・マルチまがい商法

 

 「マルチ・マルチまがい商法」や「ネズミ講」は、ピラミッド型に会員を増やしていくシステムなので、必ず行き詰まります。

 例えば、1人が3人づつ勧誘していった場合には、14代目で沖縄県の人口(約130万人)を超える人数となり、やがて、18代目には日本の総人口(約1億2千万人)を超えてしまいます。

 沖縄県は人間関係が密なことから、全国的にみても被害が多く発生している地域です。現在でも悪質な業者が存在し、甘い言葉で会員を勧誘しています。

 おいしい儲け話はまず、疑ってみましょう。少しでも「おかしいかな?」とおもったら、下記の窓口までお問い合わせください。

 

  • 県民生活センター 098-863-9214
  • 県民生活センター宮古分室 09807-2-0199
  • 県民生活センター八重山分室 09808-2-1289
  • 那覇市市民消費生活相談室 098-862-3278
  • 沖縄市消費生活相談室 098-939-1212(内線2209)

※もしくは、各市町村の消費者行政担当窓口まで!!


お問い合わせ

子ども生活福祉部消費・くらし安全課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2187

FAX番号:098-866-2789

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?