• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 障害者福祉 > 事業概要・制度概要 > 産科医療補償制度について

ここから本文です。

更新日:2015年3月31日

産科医療保障制度について

1.産科医療補償制度とは

  産科医療補償制度とは公益財団法人日本医療機能評価機構において実施されており、分娩に関連して発症した重度脳性まひのお子さんとそのご家族の経済的負担を速やかに補償するとともに、脳性まひ発症の原因分析を行い、同じような事例の再発防止に資する情報を提供することなどにより、紛争の防止・早期解決及び産科医療の質の向上を図ることを目的に平成21年1月1日に創設された制度です。

 補償の対象と認定されると、補償金が支払われるとともに、脳性まひ発症の原因分析が行われます。

 ※本制度の詳細につきましては、産科医療補償制度ホームページ(外部サイトへリンク)をご参照ください。

 2.申請期限について

   申請できる期間は、満1歳の誕生日から満5歳の誕生日までです。 

  (例:平成21年1月1日出生のお子さんは、平成26年1月1日が本補償制度の申請期限となります。)                                  

3.補償対象について

 平成21年1月1日以降に出生したお子さんで、次の基準をすべて満たす場合、補償の対象となります。

   ・在胎週数33週以上で出生体重2,000g以上、または在胎週数28週以上で所定の要件

   ・身体障害者手帳1・2級相当の脳性まひ

   ・先天性や新生児期の要因によらない脳性まひ

   生後6ヶ月未満で亡くなられた場合は、補償の対象となりません。

(上記基準については、平成26年12月までに出生したお子さんについて適用されます。平成27年1月以降に出生したお子さんについては、改定後の新基準が適用されますのでご留意ください。)    

 補償制度の基準の詳細や、申請にかかる具体的な手続きなどについては、産科医療補償制度専用コールセンター(0120-330637へお問い合わせください。   

4. 平成27年1月の産科医療補償制度の一部改定について

平成27年1月1日以降に出生したお子さんについて、補償対象基準及び掛金等が一部改定されます。

詳しくは産科医療補償制度ホームページ(外部サイトへリンク)をご確認ください。

 

5.産科医療補償制度に関するお問い合わせ先

  産科医療補償制度専用コールセンター 0120-330637

  産科医療補償制度ホームページ(外部サイトへリンク)

  公益財団法人日本医療機能評価機構(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

子ども生活福祉部障害福祉課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2190

FAX番号:098-866-6916

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?