• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 暮らし・環境 > 消費生活 > 告知・啓発等 > 注意喚起情報 > 成年年齢が引き下げられます

ここから本文です。

更新日:2023年1月23日

成年年齢が引き下げられました。

 令和4年4月1日から成年年齢が引き下げられ、20歳から18歳になり、高校3年生で成人となります。

 成人になると、親の同意なく高額な契約ができるようになります。現在の20歳成人においても、20歳を境に消費者相談が急激に増え、その後減少していくという傾向があるため、社会経験の少ない18歳で契約を締結し、トラブルになることが予想されています。

新成人たちよ、未来をつくれ。(外部サイトへリンク) 政府広報×東京リベンジャーズ

 口頭での合意でも契約は成立するなど、契約に関する知識を身に着けておく必要があります。

 もし、契約などで困った場合は、最寄りの消費生活センターに相談するか、局番なし188(いやや)に電話してください。トラブル解決に向けたお手伝いを行います。

消費生活センタートップに戻る

お問い合わせ

※ 消費生活に関するご相談は、センター相談室(電話098-863-9214)にお願いします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?