• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

沖縄こどもランドホームページ

ここから本文です。

更新日:2015年9月1日

沖縄の野菜

沖縄では多くの種類の野菜がさいばいされています。生産量が多い野菜は、きゃべつ、ゴーヤー、レタス、かぼちゃ、きゅうり、トマトなどです。
特に、とうがん(方言名シブイ)や、へちま(方言名ナーべーラー)などの、昔から食べられている島野菜の生産もさかんです。

ゴーヤー(ニガウリ)

ゴーヤー(ニガウリ)は東インドや熱帯(ねったい)アジアなどの暑い地方から来た野菜です。
沖縄に伝えられた時期ははっきりしていませんが、1713年に出ぱんされた本に「苦瓜(にがうり)」の名前があることから、それ以前に入ってきたものと思われています。
ゴーヤーはビタミンCがほうふで、100グラムあたりのビタミンCはきゃべつの1.8倍、ほうれんそうの2.1倍もあります。また、ゴーヤーにふくまれるビタミンCは、熱を加えてもこわれにくいという特ちょうがあります。ゴーヤーチャンプルーなどのいため料理にしても、ビタミンCがしっかりきゅうしゅうできるのです。
ゴーヤー料理は、特に夏バテぼうしによいといわれ、古くから沖縄県民に食べられてきました。最近は県外に出荷される量もふえていて、沖縄を代表する野菜として親しまれています。

お問い合わせ

農林水産部園芸振興課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟9階(北側)

電話番号:098-866-2266

FAX番号:098-866-8689

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?