• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2019年3月31日

沖縄の動植物

沖縄の動物

沖縄の中でも、特にめずらしい動物が住んでいる地域(ちいき)が、ジャングルでおおわれた西表島(いりおもてじま)と、山原(ヤンバル)とよばれる沖縄本島北部です。大昔のままの自然が今でも残っているこれらの地域には、たくさんの動物たちのほか、イリオモテヤマネコ(JPG)やノグチゲラ(JPG)、ヤンバルクイナ(JPG)、ヤンバルテナガコガネ(JPG)などのように、世界中でここだけにしかいない、めずらしい動物たちがひっそりと生きのびています。

沖縄では、これまで、次のような約7,600種類の動物が記録されています。

ほにゅう類 鳥類 は虫類 両生類

約30種

約500種

約60種

約20種

たん水・き水魚類 こうかく類 こん虫類 陸の貝類

約200種

約150種

約6,500種

約140種

 

ノグチゲラ

ヤンバルクイナ

ヤンバルテナガコガネ

ケナガネズミ

クロイワトカゲモドキ

シオマネキ

アカショウビン

沖縄の植物

沖縄は植物も豊富(ほうふ)で、ハイビスカスをはじめ、デイゴやブーゲンビレア、パインアップルに似た実をつけるアダンなど、2,000種以上が見られるといわれています。特に沖縄本島北部や八重山(やえやま)の島々、南北の大東島などでは、他の県にはないめずらしい種類の植物も数多く見ることができます。

また、西表島(いりおもてじま)では、島全体を包みこむように森が広がっていて、まるで南アメリカやアフリカの熱帯のジャングルのようです。

西表島でよく目にする植物といえば、マングローブでしょう。マングローブは、海岸や、海に近い川の出口などに多く見られます。

しかし、マングローブとは、「ヒルギ」の仲間を中心とした林のことで、一つの植物の名前ではありません。

海水につかりながら広がるこの林は、魚やカニなどの小さな生物たちを育てることにも役立っていて、あたり一帯の環境(かんきょう)を整えるという、重要な働きをしています。

 

サガリバナ

イジュ

ヤエヤマヒルギ

沖縄の動植物についてもっとくわしく知りたい人は、下のページを見てね!

お問い合わせ

環境部自然保護課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2243