• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2021年3月22日

沖縄の果物(くだもの)

あたたかい気候を利用して、沖縄ではいろいろな果物が栽培(さいばい)されています。他の県に比べてもめずらしいものが多く、種類も豊富です。

パインアップルやマンゴーのように、暑い地方で育つ果物は熱帯果樹(ねったいかじゅ)とよばれ、バナナやパパイア、グアバなどのほか、最近ではパッションフルーツやドラゴンフルーツ、ライチ、レンブ、スターフルーツ、アテモヤなども栽培(さいばい)されています。そのなかでも、マンゴー、パインアップル、シークヮーサーは日本一の産地であり、沖縄県を代表する果物です。

マンゴー

 (写真提供:OCVB)

マンゴーは熱帯果樹(ねったいかじゅ)の代表的な果物で、皮が赤い「アーウィン」や、皮が緑色で大きな「キーツ」など、いろいろな種類が作られています。他の県では暖房(だんぼう)を使ってビニールハウスの温度を上げていますが、あたたかい沖縄県では、暖房を使わなくても栽培することができます。

パインアップル

 (写真提供:OCVB)

パインアップルは台風や日照りに強く、沖縄の風土(ふうど)にあった果物です。苗を植えてから、実ができるまで3年かかります。沖縄県では、いろいろな品種が作り出され、「もも」の香り(かおり)がするものや、ひとつ何千円もする高価な種類もあります。

シークヮーサー

 (写真提供:OCVB)

シークヮーサーは熟する前の青い実はすっぱいので、レモンや酢(す)の代わりに料理やジュースに使われます。黄色く熟すると甘くなり、皮をむいてそのまま食べられます。シークヮーサーはしゅうかくする時期によっていろいろな使い方ができる果物です。

お問い合わせ

農林水産部園芸振興課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟9階(北側)

電話番号:098-866-2266