• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2019年3月31日

沖縄の観光(かんこう)

はいさい ぐすーよー ちゅーうがなびら。(みなさんこんにちは)

みなさんは沖縄を訪れる年間の観光客数がどのぐらいか知っていますか。どうして、沖縄には多くの観光客が訪れるのでしょう。

青い海や豊かな自然など沖縄のみりょくを世界に発信し、さらに多くのお客様に沖縄をおとずれてもらいたいですね。

そのためには、沖縄に住む私たち一人ひとりが沖縄のよさをしっかりと理解し、「うとぅいむち(おもてなし)」の心で観光客をあたたかくお迎(むか)えすることが大切です。沖縄を世界水準の観光リゾート地にするために「自分にできること」を考えてもらえたらうれしいです。

久米島のハテの浜(写真提供:OCVB)

1 どれだけの観光客が沖縄に来ているの?

沖縄の観光客数は、日本復帰の年の1972(昭和47)年度には44万人でした。

その後、沖縄県内の道路、港、空港、ホテル、観光施設などの整備(せいび)が進み、2018(平成30)年度には、958万人の観光客が訪れていて、毎日、約9万6,500人の観光客が沖縄にいることになります。

2 観光産業はリーディング産業?

沖縄をおとずれる観光客が、ホテルやレストラン、お土産品店を利用することで、経済効果が生まれます。つまり、観光客1人あたりの消費額(しょうひがく)が増えることで、観光収入は増えていきます。また、今後も観光客の数が増加すれば、沖縄経済はますます発展(はってん)するでしょう。

ホテルやレストランの料理に使われる食材は、県内でとれた野菜や魚も使われることから、農業や漁業とも関連しています。また、観光客のほとんどが利用するお土産品(みやげひん)店も、製造業(せいぞうぎょう)やサービス業に深くかかわっています。

観光産業は、県内の様々な産業を引っ張っていくリーダーとして期待されていて、重要な役割を担っています。

 

観光客数と観光収入の推移

 

 

沖縄県と沖縄観光コンベンションビューローでは、沖縄県内の小・中・高等学校に講座を行ったり、観光を通して沖縄の歴史・文化・自然などを学べる学習教材を作ったりしているよ。詳しく知りたい人は、下のページを見てね。

お問い合わせ

文化観光スポーツ部観光政策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟8階(南側)

電話番号:098-866-2763