• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 高齢者福祉 > 在宅福祉班 > 令和2年度沖縄県介護に関する入門的研修事業に係る企画提案の募集について

ここから本文です。

更新日:2020年8月4日

令和2年度沖縄県介護に関する入門的研修事業に係る企画提案の募集について

 ~お知らせ

  • 8月4日  新型コロナウイルス感染症警戒レベルを第3段階に引き上げ、独自の緊急事態宣言に伴い、本庁舎内での出入口制限があります。          申請書類の提出は可能な限り郵送とし、来庁する場合はあらかじめご連絡をお願いします。
  • 7月31日 質問書による回答を掲載しました
  • 新型コロナウイルス感染症にかかる沖縄県主催イベント等実施ガイドライン(PDF:236KB)の改定がありました (5000人以上の緩和時期を8/1→9/1へ延期)

※警戒レベル第3段階引き上げに伴い、離島の渡航自粛(現在、各離島への渡航に係る対応を検討中)、イベントの開催等について留意事項があります。また、新型コロナウイルスの県内感染状況次第では、更なる警戒レベル引き上げの可能性があります。
※企画提案される企業におかれましては、今後の状況に弾力的に運用できるようなご提案(離島への渡航自粛における対応方法等)をお願いいたします。 

   (参考)警戒レベル第2段階における実施内容について(PDF:150KB)

   (参考)第2波、第3波に備えた警戒レベル指標の策定について(PDF:160KB)

 

 以下のとおり企画提案を募集するので公告する。

 令和2年7月20日  沖縄県知事 玉城 康裕

1.委託事業名

 令和2年度沖縄県介護に関する入門的研修事業に係る業務委託

2.事業の目的

 本県の高齢化は今後も進み、将来的に福祉・介護人材が不足すると予測されている。
 こうした状況において、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、福祉サービスの担い手となる人材の確保が喫緊の課題となっている。
 本研修を通して、定年退職を予定している者や中高年齢者、子育てが一段落した者及び現に家族を介護している者などの介護未経験者等が介護に関する基本的な知識や技術を学ぶことができ、かつ、介護の業務に携わる上での不安を払拭することにより、多様な人材の参入を促進する。
 また、研修修了後、介護分野での就労を希望する者について、介護施設・事業所とのマッチング支援の実施などにより、研修修了者の介護分野への介護人材の確保を図る。

3.事業内容

※公募にあたり、公募要領、仕様書等が変更になっています。

(1)以下、A地区又はB地区における介護に関する入門的研修の実施

 ア A地区
    〔研修開催地〕 ○本島地区 5回(ただし、北部、中部及び南部圏域 において 各1回ずつ実施すること)
               ○離島地区 北部、中部、南部圏域離島において       1回
    〔開催回数〕     計6回 
     
 イ B地区
    〔研修開催地〕  ○離島地区   宮古島及び石垣島において 各1回 
                                               宮古又は八重山圏域離島において 1回

         〔開催回数〕     計3回
      
   ※研修の実施にあたっては、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、沖縄県の策定する下記ガイドラインに基づき実施すること。

    「新型コロナウイルス感染症にかかる沖縄県主催イベント等実施ガイドライン」(0724版)(PDF:236KB) 

   ※研修の実施にあたっては、2月末までに実施し、受講生が参加しやすいよう、研修会場及び日程等を検討すること。
   ※本島地区について、原則として異なる市町村で開催すること。
   ※離島地区について、宮古島市、石垣市を除く離島圏域は、原則として令和元年度実施離島以外で開催すること。
    (参考:令和元年度開催地)
    A地区(名護市、北谷町、糸満市、八重瀬町、南城市、伊是名村、南大東村)
    B地区(宮古島市、石垣市、竹富町西表島、多良間村)
 

(2)研修修了者と介護事業所とのマッチング支援

  入門的研修の実施後、事業所説明会や介護施設・事業所とのマッチング支援を実施し、研修修了者の介護分野への参入を支援すること。
  マッチング支援の実施の際には、事業者団体や県福祉人材センター等と連携を図ること。
また、入門的研修修了者については、介護福祉士等の届出制度を活用して、県福祉人材センターに対する届出を受け付けることとしているので、研修修了者に対して当該届出制度の周知を図るよう努めること。

 

※新型コロナウイルスの県内感染状況によっては、研修回数等の変更や研修中止をする場合があります。受託者決定後、県内状況を見ながら調整いたします。

4.委託上限額

 (1)委託料の上限額は、下記のとおりとする。(消費税及び地方消費税含む。)
     ア A地区  7,001,500円(内、消費税及び地方消費税 636,500円)
     イ B地区    6,243,600円(内、消費税及び地方消費税 567,600円)
     ※当該金額は、企画提案のために提示する金額であり、契約金額ではない。

5.応募の手続

(1)企画提案書等の提出期限
 企画提案書等の提出をもって応募の手続きとする。 企画提案書等は次により持参または郵送により提出すること。なお、以下に掲載する「公募要領」、「仕様書」および「沖縄県介護に関する入門的研修事業実施要綱」を一読し、応募資格や委託業務の内容等を十分に理解したうえで提出すること。

   ア 提出期限 : 令和2年8月7日(金)午後4時 (必着)

   イ 提出場所 : 沖縄県子ども生活福祉部高齢者福祉介護課 在宅福祉班
                           〒900-8570 那覇市泉崎1丁目2番2号沖縄県庁3階  電話番号098-866-2214

(2)応募に係る質問
     企画提案仕様書等に関して疑義がある場合には、【様式6】質問書(ワード:32KB)を記入し、電子メールにより提出すること。

      ア 受付期限 : 令和2年7月27日(月)午後4時(厳守)

      イ 提出場所 : 沖縄県子ども生活福祉部高齢者福祉介護課 在宅福祉班 担当 喜屋武
                            電子メールアドレス:aa021156@pref.okinawa.lg.jp

(3)質問に対する回答は、本ページへの掲載により行う。
   回答予定日時 : 令和2年7月31日(金)午後4時頃

(4)企画提案書等の提出書類
     提出書類については、公募要領「8 企画提案書等の提出書類及び必要部数等」を確認の上、提出すること。

 

6.申請書類等

 (1)入門的研修事業実施要綱、ほか

  ①【公募要領】令和2年度沖縄県介護に関する入門的研修事業業務委託企画提案公募要領(PDF:141KB) ※変更あり(R2.7.20)

  ②【仕様書】令和2年度沖縄県介護に関する入門的研修事業事業委託に係る企画提案仕様書(PDF:143KB) ※変更あり(R2.7.20)

  ③【実施要項】沖縄県介護に関する入門的研修事業実施要綱(令和2年4月)(PDF:158KB)

 (2)申請様式

  ① 【様式1】企画提案応募申請書(ワード:32KB)

  ② 【様式2】会社・法人概要表(ワード:34KB)

  ③ 【様式3】経費見積書(ワード:21KB)

  ④【様式4】業務実績(ワード:40KB)

  ⑤【様式5】誓約書(ワード:29KB)(共同企業体の場合は、構成員ごとに提出) 

 

7.質問に対する回答

   質問書による回答は、下記のとおり

  R1質問回答内容(PDF:78KB)

  R2質問回答内容(PDF:59KB)  ※7月31日 掲載しました

     

8.お問い合わせ先

   沖縄県子ども生活福祉部高齢者福祉介護課 在宅福祉班 担当 喜屋武

   〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)  電話番号:098-866-2214  FAX番号:098-862-6325

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部高齢者福祉介護課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2214

FAX番号:098-862-6325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?