• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2020年7月8日

有料老人ホーム立入検査時確認事項(主に確認する資料)

  沖縄県高齢者福祉介護課が、有料老人ホーム及びサービス付き高齢者向け住宅を対象とした立入検査時に主に確認する事項です。

 感染症拡大防止等のため、検査時間を短縮するため電子申請による事前提出をお願いしていますのでご協力お願いします。

 ※施設運営状況によっては追加書類が必要になります。詳細は担当がご連絡します。

書面確認事項(過去の検査対象施設が作成されていた具体的な例(PDF:5,051KB)はこちらをご覧ください)

 施設点検・防災関連

消火器機点検の実施を示す書類

※一年間ごとに総合点検及び機器点検が1回、機器点検が1回必要です。※例掲載

総合訓練(消火訓練・避難訓練・通報訓練)及び消火訓練・避難訓練(消防法での対象施設)

※消防の事前確認を得た計画に基づく訓練が必要です。(消防の確認を得ていない訓練は該当しません)※例掲載

非常災害対策計画の策定・訓練(国からの通知により実施が求められている事項です)

作成の際のひな形はこちら(非常災害対策計画策定例(ひな形) をご確認ください。

職員健康診断・職員研修

職員健康診断受計画(任意様式)

年一回の職員健康診断受診表(各職員についての受診結果)

特定業務従事者健康診断受診表(各職員についての受診結果)(該当職員について)

職員研修計画(任意様式)

※身体的拘束関連・事故関係(対応・再発防止)研修は定期的に実施する必要があります。※例掲載

職員研修記録(時期等・内容・参加者・当日不参加だった職員への周知・当日資料)

※実施した研修について記録を確認します。研修不参加職員へも回覧等で共有し記録ください※例掲載

サービス供与を委託している場合はそれら職員に対する計画・記録

身体的拘束適正化関係 ※任意様式(参考例あり)

身体的拘束適正化のための指針

※指針に必要な項目等や記録様式についてはこちらのリンク先をご確認ください

医療行為(喀たん吸引等)・金銭管理関係(該当する方が入居されている場合確認します)

喀たん吸引実施者名簿等※該当する入居者が入居されているかつ施設介護職員対応時

金銭管理に係る書類(各任意様式)

(管理規定(金銭管理方法・役割・定期報告等を定めたもの)・承諾書または申込書・管理簿・定期報告内容)

契約関係書類(比較的最近入居された入居者について使用したもの)

契約書及び管理規定(任意様式(サービス付き高齢者向け住宅については国土交通省指定様式)ですが有料老人ホームについては次の事項が盛り込まれている必要があります)

契約書に必要な事項(有料老人ホーム) ・利用料等の費用負担の額(入居者ごとに本人の具体的な契約額の明記) ・類型(介護付、住宅型、健康型) ・入居開始可能日 ・提供されるサービスの内容 ・契約当事者の追加 ・連帯保証人や身元引受人の権利・義務・極度額(令和2年4月以降の入居者) ・契約解除の要件及びその場合の対応 ・敷金等の支払時期等

有料老人ホームの重要事項説明書(指定様式)

サービス付き高齢者向け住宅及び特定施設入居者生活介護の指定を受けている施設は、別個、各重要事項説明書が必要です

保管が必要な帳簿類※当該有料老人ホームで提供したサービス等のものです※各任意様式

提供したサービスに関する記録

ケア(入浴、排せつ又は食事)、家事(洗濯・掃除)、健康管理、安否確認等、生活相談記録

献立表(または食事の写真)

栄養分や摂取カロリーまで記載する必要はありませんが入居者の体調・疾患等を踏まえ適切な食事を提供頂きそられを記録ください※例掲載 

苦情等(苦情・要望・ご意見)の記録(時期等・内容・対応・職員への周知)

該当する場合に保管が必要な記録

  • 事故記録(時期等・事故内容・家族等への連絡内容・再発防止策の検討・職員への周知) ※例掲載
  • 身体的拘束適正化に係る記録(態様・時間・対象者の心身の状況・緊急やむを得ない理由)※参考例あり
  • サービス供与を委託している場合はその記録(事業者名称・所在地・委託にかかる契約事項)
  • 施設の改修(工事等)記録

その他確認書類

運営懇談会または代替措置の実施記録(日時・内容・決定事項等)

定員9人以下の施設は重要事項説明書等であらかじめ説明を行うことで代替措置(家族との個別面談)で対応することも可能ですが、個別に実施した面談記録(日時・参加者・内容)を作成・保管ください。

水タンク(貯水槽)の清掃・水質検査記録(水道法または条例により対応が必要です)

水タンク(貯水槽)を設置施設の管理者(設置者・管理受託者・場合によっては入居法人)は、タンク容量10トン以上の場合は水道法、タンク容量10トン未満であってもほとんどの市町村等の条例により

 年一回の清掃・水質検査 が必要となりますので検査証等を確認します。※例掲載

 ※水タンクを設置していない=水道管から「直結式」の場合は清掃等対応は必要ありません 

状況(設置・張り出し)を確認する物品等(過去の検査対象施設が実施していた具体的な例(PDF:3,766KB)はこちらをご覧ください)

消防への火災通報装置(連動化)の基盤等※例掲載

事故発生時等緊急時連絡体制※例掲載

運営懇談会等での決定事項

個人情報記載書類の保管庫※例掲載

薬の保管庫※例掲載

意見箱 など

 

立入検査実施前・実施にあたってのお願い

 電子申請で事前に受付・確認できる項目は事前確認し、確認できなかった書類等は検査当日確認します。

 感染症拡大防止等のため検査時間を短縮するため電子申請による事前提出をお願いしていますのでご協力をお願いします。

 ※施設の運営状況によっては追加書類が必要になります。詳細は担当がご連絡します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部高齢者福祉介護課施設福祉班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2214

FAX番号:098-862-6325

IP番号:2801番

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?