• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 高齢者福祉 > 要介護(要支援)認定を受けている人の「認知症高齢者の日常生活自立度」調査結果について

ここから本文です。

更新日:2020年9月4日

 

要介護(要支援)認定を受けている人の「認知症高齢者の日常生活自立度」調査結果について

要介護(要支援)認定を受けている人の「認知症高齢者の日常生活自立度」調査結果について

認知症は誰にでも起こりうる脳の病気に起因するものであり、本県においても高齢化の進展に伴い、認知症高齢者の数は増加しているものと見込まれます。
県では、高齢者保健福祉計画において、認知症になってもできる限り地域で暮らし続けることができるよう支援体制の充実を重要課題として位置付けており、本県の実態を把握するための基礎資料として、65歳以上の高齢者については平成18年度から、40歳~64歳については平成24年度から「認知症高齢者の日常生活自立度」調査を実施しております。

 

令和元年度 調査結果(令和2年3月31日現在)

   ・ 調査結果の概要(PDF:62KB)

   ・ (別紙1)65歳以上高齢者の「日常生活自立度」調査結果(PDF:114KB)

   ・ (別紙2)40~64歳の人の「認知症高齢者の日常生活自立度」調査結果(PDF:97KB) 

   ・ (別紙3)「認知症高齢者の日常生活自立度」ランクⅠ以上の各人数に占める割合(PDF:74KB) 

   ・ (別紙4)前年度との比較(PDF:76KB)  

   ・ (参考)認知症高齢者の日常生活自立度判定基準(PDF:154KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部高齢者福祉介護課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2214

FAX番号:098-862-6325

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?