• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 児童福祉 > 告知・啓発事項 > 令和元年度沖縄子ども調査(高校生調査)について

ここから本文です。

更新日:2019年11月1日

令和元年度沖縄子ども調査(高校生調査)について 

1 調査の目的

  沖縄県では、子どもたちを取り巻く社会や経済状況が、子どもや保護者の日常生活に及ぼす影響を把握し、子どもや子育て家庭への支援策に役立てることを目的に、沖縄子ども調査を実施します。

 2 調査の対象

  県立高等学校に在籍する高校2年生の生徒及びその保護者

3 調査項目

  ⑴ 生徒票
    学校・勉強について、アルバイトや仕事について、ふだんの暮らしについて、将来の希望について
    自分について、健康について、その他

  ⑵ 保護者票
    家族構成について、保護者の就労について、お子さんの通学のことについて
    お子さんの進路について、お子さんとの関係などについて、現在の暮らしについて
    収入・支出について、健康状況について、人生経験について、制度などの利用について

 4 調査期間

   令和元年11月5日(火)から令和元年11月25日(月)まで

 5 調査方法

  ⑴ 対象学年の生徒及びその保護者に対して、学校からアンケート調査票を配布いたします

  ⑵ 調査票がお手元に届きましたら、それぞれ別の場所で調査票を記入いただき、ご記入後は、
   調査票が同封されていた封筒に入れ、封をした後、提出期限まで学校にご提出ください

  ⑶ 皆様からご回答いただいた調査の結果については、統計的に処理したうえで公表いたします
   その際、個人や学校が特定されることはありませんので、安心してお答えください

 6 よくあるお問合せ

質問1:高校2年生を対象に調査を実施する理由について

(回答)

 平成28年度に実施した沖縄子ども調査(高校生調査)においても高校2年生を対象としており、前回調査との経年比較による分析を行うこと、また、他県で実施している類似調査においても、高校2年生を対象としている場合が多く、他県との比較による分析が可能となります。

 質問2:調査票から個人が特定されることがあるか。

(回答)
 調査票には、お名前やご住所を記入する箇所はありませんので、個人が特定されることはありません。また、学校の先生方が調査票の記載内容を確認することはありません。
 万が一、自由記述欄等に個人が特定できるような内容の記載があった場合でも、その部分の公表はいたしません。

質問3:調査票は必ず提出しないといけないのですか。保護者票のみ、あるいは子ども票のみでも調査票を提出してもいいか。

(回答)
 調査票の提出は任意です。皆様からいただいた回答を支援策の充実や改善につなげていきたいと考えていますので、ご協力をお願いします。また、保護者用の調査票のみ、あるいは生徒用の調査票のみでも調査票の提出は可能です。

質問4:答えたくない質問には回答しなくていいのか。 

(回答)
 答えたくない質問には、回答しなくてかまいません。

質問5:生徒が自分で書くように調査票に指示しているが、自筆できない場合は代筆でもよいか。

(回答)
 自筆できない場合は代筆でも結構ですが、調査票に「代筆(●●●●※生徒との関係性を記入)」と記入してください。なお、代筆の場合はできる限り保護者以外でお願いします。 保護者でなければ対応できない場合は、保護者の方が代筆してください。

質問6:児童養護施設の入所児童や里親等に委託されている生徒が調査票を受け取った場合は、誰が調査票を記入すればよいか。

(回答)
 保護者向け調査票について、施設職員や養育者が記入をお願いします。

 質問7:保護者が同居していない場合、保護者への郵送が必要か。

(回答)
 保護者用の調査票は、同居している親族がいれば、その親族が記入をお願いします。
 一人暮らしや寮生活など親族が同居しておらず、生徒が保護者用の調査票を保護者に届けることが難しい場合(郵送が必要な場合)は、生徒用の調査票のみの提出をお願いします。

お問い合わせ

子ども生活福祉部子ども未来政策課

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2100

FAX番号:098-869-5146

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?