• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 生活福祉 > 事業概要・制度概要 > 生活保護 > 生活保護法による医療機関、介護機関、助産機関、施術機関の申請等について > 指定助産機関・指定施術機関(あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう、柔道整復)

ここから本文です。

更新日:2021年6月14日

指定助産機関 ・ 指定施術機関(あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう、柔道整復)

①指定助産機関及び指定施術機関の義務

 指定助産機関及び指定施術機関は、厚生労働大臣の定めるところにより、懇切丁寧に被保護者の助産又は施術を担当しなければなりません。

※厚生労働大臣の定めるところ
「指定医療機関医療担当規程」(昭和25厚告222)(PDF:81KB) 
 

②新規申請(申請書等は福祉事務所に提出)   

 福祉事務所の場所(PDF:32KB)

1 申請は、助産師又は施術者個人で行うものです。助産所・施術所の開設者が代表して申請することはできません。
2 沖縄県知事は次の(1)又は(2)に該当する助産師・施術者について指定します。(1)又は(2)に該当しない者は、那覇市長に申請してください。
  (1) 助産所・施術所を開設している助産師・施術者であって当該助産所・施術所が那覇市以外の市町村にある場合
  (2) 助産所・施術所を開設していない助産師・施術者の住所地が那覇市以外の市町村にある場合

3 申請には、次の(1)~(3)の書類が必要です。

  (1)指定助産機関・施術機関指定申請書(第8号様式)(エクセル:18KB)
  (2)誓約書(指定助産機関・指定施術機関関係)(第9号様式)(ワード:36KB)
           ※誓約書は両面印刷にすること
  (3)免許状(資格証)の写し
     ※免許状(資格証)が旧姓の場合には、戸籍謄本等の旧姓を証明する書類を添付すること
 

③指定助産機関・指定施術機関になった後の届出(届出書は福祉事務所に提出) 
 名称その他を変更したとき、処分を受けたとき、指定を辞退するときは、届け出てください。
 なお、名称その他の変更及び事業を廃止・休止・再開したときは10日以内に届け出てください。また、指定を辞退する場合は30日以上の予告期間が必要です。

指定医療機関等変更届出書(第10号様式)(エクセル:20KB)
指定医療機関等廃止・休止届出書(第11号様式)(エクセル:16KB)
指定医療機関等再開届出書(第12号様式)(エクセル:15KB)
指定医療機関等指定辞退届出書(第13号様式)(エクセル:14KB)
指定医療機関等処分届出書(様式第14号)(エクセル:16KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部保護・援護課生活保護・生活困窮者自立支援班

電話番号:098-866-2428

FAX番号:098-866-2758

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?