• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 子ども生活福祉部 保護・援護課 > 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

ここから本文です。

更新日:2021年9月22日

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

 申請期限が令和3年11月30日(火)まで延長されました。

1 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金とは

    新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中で、社会福祉協議会が実施している緊急小口資金等の特例貸付を利用された方であって、総合支援資金の再貸付が既に終了している等の理由からこれ以上利用できない世帯で、一定の要件を満たす生活困窮世帯を対象に、就労による自立を図るため、また、それが困難な場合には円滑に生活保護の受給へつなげるために、「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」(以下「自立支援金」といいます。)が支給されます。

 自立支援金リーフレット「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金のご案内~沖縄県町村部にお住いの皆様へ~」(PDF:211KB)

 ※県内市部にお住まいの方は、各市の申請窓口へお問合せください。

1  支給対象となる世帯(以下の要件を全て満たす必要があります。)

再貸付終了等要件(次のいずれかに該当すること)

 ① 都道府県社会福祉協議会が実施する緊急小口資金等の特例貸付における総合支援資金の再貸付(以下「再貸付」という。)を受けた世帯で、自立支援金の申請をした日(以下「申請日」という。)の属する月の前月までに当該再貸付の最終借入月が到来している世帯

 ② 再貸付を受けている世帯で、再貸付の最終借入月が令和3年11月末までに到来する世帯

 ③ 都道府県社会福祉協議会に再貸付の申請をしたが、申請日以前に不承認となった世帯

 ④ 再貸付の申請を行うための自立相談支援機関の支援決定を受けることができず、申請日以前に再貸付の申請ができなかった世帯 

生計維持要件

 申請日の属する月において世帯の生計を主として維持している者が申請を行うこと

収入要件

 申請日の属する月における、申請者及び当該申請者と同一世帯の方の収入の合計額が、下表の収入基準額以下であること(沖縄県が所管する町村の場合)

 ・給与収入の場合、社会保険料等控除前の事業主が支給する総支給額から交通費支給額を除いた月額

 ・自営業の場合は、事業収入(必要経費を除いた月額)

 ※継続的な収入(年金、児童扶養手当、仕送り等)は、月額が収入に含まれます。 

 ※退職金又は公的給付等のうち、臨時的に給付されるものは収入として算定しません。

世帯

1人(単身)

世帯

2人世帯

3人世帯

4人世帯

5人世帯

6人世帯

7人世帯

8人世帯

収入基準額

  11万円

 15万3千円  

18万1千円

21万6千円

 25万円

28万7千円

32万4千円

 35万7千円

 ※毎月の収入額に変動がある場合は、収入の確定している直近3か月間の収入額の平均に基づき推計することになります。

 資産要件

 申請日における申請者及び当該申請者と同一世帯の方の金融資産(預貯金、現金)の合計額、が下表の資産合計額以下であること(沖縄県が所管する町村の場合) 

世帯

1人(単身)世帯

  2人世帯 

 3人世帯    

 4人以上の世帯

資産合計額

46万8千円

69万円

  84万円   

100万円

 求職活動等要件(次の①、②のいずれかに該当すること)

 ① 公共職業安定所(ハローワーク)に求職の申込みをし、常用就職を目指し、以下に掲げる求職活動を誠実かつ熱心に行うこと。

  ア 月1回以上、自立相談支援機関(沖縄県が所管する町村の場合:沖縄県就職・生活支援パーソナルサポートセンター)の面接等の支援を受けること

  イ 月2回以上、公共職業安定所(ハローワーク)で職業相談等を受けること

  ウ 原則週1回以上、求人先へ応募を行う又は求人先の面接を受けること

 ② 生活保護を申請し、当該申請に係る処分が行われていない状態にあること(生活保護の申請が却下となった場合、その翌月から上記①の活動を行うことが要件となります。)

 その他の要件

 ・申請月において、生活保護費、職業訓練受講給付金を申請者及び当該申請者と同一の世帯に属する者が現に受給していないこと

 ・偽りその他不正な手段により再貸付の申請を行っていないこと

 ・申請者及び当該申請者と同一の世帯に属する者のいずれもが暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員でないこと

2 支給について

 支給額(月額)

  1人(単身)世帯:6万円   2人世帯:8万円   3人世帯以上:10万円

 支給期間 

  3か月間(ただし、受給者の収入が増加して収入基準額を超えた場合や求職活動等要件を満たさない等の場合には、支給が中止されることになります。)

 支給方法

  受給者の自立支援金支給申請書兼口座振替兼依頼書兼請求書(様式1-1)に記載された口座に支給決定を受けた月ごとに振り込みます。

3 申請について

 申請方法

 郵送又は持参

 ※来所による相談や持参での申請の際は、事前に申請先の福祉事務所へ御連絡ください。なお、持参による申請の受付時間は平日午前9時から正午、午後1時から午後4時までとさせていただきます。新型コロナウイルス感染症感染拡大防止の観点から受付窓口の混雑を防ぐため、御理解、御協力をお願いいたします。

 なお、沖縄県社会福祉協議会の再貸付を利用された方については、「公的給付の支給等の迅速かつ確実な実施のための預貯金口座の登録等に関する法律」(令和3年法律第38号)に基づき、同協議会から再貸付に係る情報提供を受けることになります。該当する方には、順次、総合支援資金特例貸付借入申込書に記載の住所宛てに個別にお知らせを送付(自立支援金支給申請書等の必要書類を同封)いたします。

 申請先

 お住まいの町村を管轄する福祉事務所が申請窓口となります。

福祉事務所名 及び 管轄地域

所在地及び電話番号

南部福祉事務所 地域福祉班

 島尻郡(伊平屋村・伊是名村除く)、西原町

〒901-1104 南風原町字宮平212

TEL 080-4478-8951/080-4478-9037

中部福祉事務所 地域福祉班

 中頭郡(西原町除く)、金武町・宜野座村・恩納村

〒904-2155 沖縄市美原1-6-28

TEL 080-3305-9211/080-3304-8559

北部福祉事務所 地域福祉班

 国頭郡(金武町・宜野座村・恩納村除く)、伊平屋村・伊是名村

〒905-0017 名護市大中2-13-1

TEL 080-3306-7338/080-3306-4748

宮古福祉事務所 福祉班

 多良間村

〒906-0012 宮古島市平良字西里1125

TEL 0980-72-3771

八重山福祉事務所 福祉班

 八重山郡

〒907-0002 石垣市真栄里438-1

TEL 0980-82-2330

 

 ※県内各市にお住まいの方は、各市が申請窓口になります。(令和3年6月25日時点参考) 

市名

窓口名

所在地

電話番号

那覇市 那覇市 就職・生活支援パーソナルサポートセンター 那覇市泉崎1-20-1カフーナ旭橋6階

090-9783-4703

090-9783-4704

宜野湾市 宜野湾市福祉推進部生活福祉課生活支援係 宜野湾市野嵩1-1-1

098-893-4411

内線3684、3685

石垣市 石垣市福祉部福祉総務課総務係 石垣市美崎町14番地 0980-87-6025
浦添市 浦添市福祉健康部保護課 浦添市安波茶1-1-1

098-876-1259(7月中旬~)

名護市 名護市総務部生活支援課 名護市港1-1-1 0980-53-1212
糸満市 糸満市福祉部社会福祉課福祉総務係 糸満市潮崎町1丁目1番地 098-994-8242
沖縄市 沖縄市健康福祉部保護管理課 沖縄市仲宗根町26-1 098-939-1212
豊見城市 豊見城市福祉健康部社会福祉課 豊見城市宜保1-1-1 098-850-0141
うるま市 うるま市保護課支援金担当 うるま市みどり町1-1-1 098-923-7197
宮古島市 宮古島市福祉部福祉政策課 宮古島市平良字西里1140番地 0980-73-1981
南城市 南城市福祉部社会福祉課 南城市佐敷字新里1870番地 098-917-5334

申請受付開始日

 町村を管轄する県の申請受付開始日は、令和3年7月5日(月)とします。

申請期限

 令和3年11月30日(火)まで(※郵送の場合は当日消印有効)

4 申請書類 

 ※申請月に住居確保給付金を現に受給している方は、住居確保給付金の支給決定通知書を添付すれば、次の③、⑦及び⑧の提出は不要となります。

  ①新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給申請書兼口座振替依頼書兼請求書(様式1-1EXCEL(エクセル:32KB)PDF(PDF:92KB)

  ②新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金申請時確認書(様式1-2EXCEL(エクセル:33KB)PDF(PDF:90KB)

 ③住民票の写し(世帯全員が記載された謄本。マイナンバーの記載がないものを御提出ください。)

 ④総合支援資金の再貸付の借用書(控)の写し(再貸付の貸付決定通知書の写しでも可) ※再貸付が不承認だった場合は再貸付の不承認通知の写し (紛失した場合再発行の必要はありません。④の書類がない場合は⑤の書類を御提出ください。)

 ⑤新型コロナウイルス感染症生活困窮者支援金再貸付不承認・過去借入状況申告書(様式1-3EXCEL(エクセル:25KB)PDF(PDF:68KB)) (④の書類がない場合のみ)

 ⑥再貸付の振込状況が確認できる通帳等の写し(再貸付を終了または申請月が再貸付の最終借入月の方)

    または、緊急小口資金と総合支援資金の両方の貸付の借入状況が確認できる通帳等の写し(不承認、自立相談支援機関の支援を受けることができず再貸付の申請ができなかった方)

  ⑦収入がある方について申請月の収入(給与、年金、手当等)が確認できる書類(世帯全員分の給与明細、預貯金通帳等)の写し

 ⑧申請日時点の金融資産が確認できる書類(世帯全員分の預貯金通帳)の写し

 ⑨生活保護申請書の写し(保護の実施機関の受領印があるもの)  (生活保護申請中の方のみ)  

  ⑩自立支援金の振込先金融機関口座の通帳等の写し(金融機関名、支店名、口座番号、口座名義(カナ)が確認できる部分の写し)

  (申請者本人の口座に限ります。WEB通帳の場合は、上記が確認できる画面の写しを御提出ください。)

記入例

 ①新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給申請書兼口座振替依頼書兼請求書(様式1-1(PDF:153KB)

 ②新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金申請時確認書(様式1-2(PDF:98KB)

 ⑤新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金再貸付不承認・過去借入状況申告書(様式1-3(PDF:70KB)

5 公共職業安定所(ハローワーク)への求職申込みについて

  自立支援金の申請に際し、求職活動を行う方は、公共職業安定所(ハローワーク)で求職登録時に交付される求職番号を申請書に記載する必要があります。ハローワークの窓口は、以下の一覧で御確認ください。 (「求職登録にあたってのご注意」及び「ハローワーク利用のご案内~オンライン登録のお願い~」(両面)(PDF:1,064KB)

ハローワーク名

所在地

電話番号

ハローワーク那覇 〒900-0006 那覇市おもろまち1-3-25 TEL 098-866-8609
ハローワークプラザ那覇 〒900-0021 那覇市泉崎1-20-1-6階 TEL 098-867-8010
ハローワーク沖縄 〒904-0003 沖縄市住吉1-23-1 TEL 098-939-3200
ハローワークプラザ沖縄 〒904-0004 沖縄市中央2-28-1 旧コリンザ3階 TEL 098-939-8020
ハローワーク名護 〒905-0021 名護市東江4-3-12 TEL 0980-52-2886
ハローワーク宮古 〒906-0013 宮古島市平良字下里1020 TEL 0980-72-3329
ハローワーク八重山 〒907-0004 石垣市登野城55-4 TEL 0980-82-2327

  ※令和3年9月21日からハローワークインターネットサービス(外部サイトへリンク)で求職申込みの登録を行うことが可能となりました。

6 自立支援金受給中の求職活動

 自立支援金の受給期間中は、毎月、以下のア~ウの求職活動を行い、活動の内容等が確認できる書類を提出していただくことになります。

  ア 月1回以上、自立相談支援機関(沖縄県が所管する町村の場合:沖縄県就職・生活支援パーソナルサポートセンター)の面接等の支援を受けること

  イ 月2回以上、公共職業安定所(ハローワーク)で職業相談等を受けること

  ウ 原則週1回以上、求人先へ応募を行う又は求人先の面接を受けること

 毎月の書類提出の方法等については、自立支援金の支給決定通知とあわせて御案内いたします。なお、自立支援金の受給中に求職活動等要件を満たしていないことが判明した場合、原則として当該事実を確認した日の属する月の支給から自立支援金の支給が中止されることになります。(「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金受給期間中の書類提出等について」(両面)(PDF:214KB)

自立支援金の受給期間中、毎月御提出いただく様式

 ①求職活動等状況報告書(様式4(ワード:29KB)

 ②自立相談支援機関相談確認書(様式4別紙(ワード:23KB)

 ③職業相談確認票(新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金)(様式5(ワード:23KB)

 ④新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金 常用就職活動状況報告書(様式6(ワード:34KB)様式6記入例(PDF:86KB)

自立支援金の受給期間中に常用就職した場合に御提出いただく様式

 常用就職届(様式7(ワード:26KB)

 ※常用就職届(様式7)の提出後は毎月、収入額を確認できる書類を御提出ください。

7 問合せ先 (自立支援金制度の内容等に関するお問合せ、御意見等)

       【厚生労働省 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金コールセンター】

        電話番号:0120-46-8030

        受付時間:午前9時から午後5時(平日のみ)


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部保護・援護課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2

電話番号:098-866-2428

FAX番号:098-866-2758

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?