• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2020年8月28日

第10回沖縄平和賞受賞者

特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター(JANIC)

【贈賞理由】

 特定非営利活動法人国際協力NGOセンター(JANIC)(以下「JANIC」という。)は、日本の国際協力NGOの発展の時代といわれたさなかの1987年、NGO間の情報共有と社会への発信力強化のため、NGOのネットワーク組織である「NGO活動推進センター」として設立されました。
  今では正会員101団体が加盟する日本有数のネットワークNGOへと成長したJANICは、フィリピン、カンボジア、ネパールなどのアジア太平洋地域において紛争や貧困、環境破壊などの社会課題の解決に取り組むNGOを後方支援しており、国内外の多岐にわたる団体と団体、市民と市民を繋ぐという、市民社会の成熟のために非常に重要な役割を担っております。
 特に、日本の国際協力NGOセクター全体のリーダー及び推進役として活動範囲の幅を広げ、NGOの能力強化、政策提言、政府との交渉など、国際協力NGOセクター全体の調整・仲介を通じて、NGOや市民社会がより真価を発揮するためのインフラストラクチャーを形成する上でのJANICの貢献は多大なものがあります。
 また、中長期計画の「JANICビジョン2022」では、「日本社会においてNGOが社会を構成するセクターのひとつとして欠かせない存在となり、確固たる地位を築いていくこと」を目標としており、NGOの課題に向き合い地道な支援を継続していくことで国際協力NGOセクター全体を盛り上げ、未来を見据えながらこれからの国際協力NGOセクターの「あるべき姿」を築き上げていく取り組みは、アジア太平洋地域における国際協力NGOの更なる発展を期待させるものです。
 JANICは、「NGOの力を最大化する」をスローガンとして掲げ、そのネットワーク力を活用し、アジアを中心として地球規模の貧困や環境問題に取り組む日本のNGOの活動を長年にわたって支え、世界の平和と人間の安全保障の実現に貢献してきた功績があり、沖縄平和賞委員会は、沖縄平和賞の理念に合致し顕彰に最も相応しいものと評価して、第10回沖縄平和賞受賞者に決定しました。
  

  受賞者団体ホームページ(外部サイトへリンク)


【沖縄平和賞選考委員会】

委員長 小宮山 宏(株式会社三菱総合研究所 理事長)
副委員長 仲地 清(名桜大学 名誉教授)
  西田 睦(琉球大学 学長)
  山里 勝己(名桜大学 特任教授)
  川端 義明(元NHKキャスター)
  渡部 真由美(元国連職員)
  瀬谷 ルミ子(Reach Alternatives 理事長)
  遠藤 誠治(成蹊大学法学部 教授)
  モンテ カセム(大学院大学至善館 学長)

※肩書は当時

歴代受賞者一覧に戻る

TOPへ

 

 

お問い合わせ

子ども生活福祉部女性力・平和推進課平和推進班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2500

FAX番号:098-866-2589

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?