• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2018年12月20日

第9回沖縄平和賞受賞者

 jvcgentisyasin

現地の子どもたちと今井代表理事(パレスチナ)

特定非営利活動法人
日本国際ボランティアセンター(JVC)

【贈賞理由】
 特定非営利活動法人日本国際ボランティアセンター(JVC)(以下「JVC」という。)は、インドシナ難民のタイへの大量流入時に、「アジア人として、ひいては人間として、救援活動を行いたい」というボランティアの有志が中心となり、1980年に設立されました。 
  JVCは、「全ての人々が自然と共存し、安心して共に生きられる社会づくり」をビジョン(長期目標)に掲げ、カンボジア、ラオス、タイ、アフガニスタンや南スーダンなど、世界11カ国で国際協力NGOとして、農村における生業改善支援などの地域開発、医療をはじめとした人道支援、現地の人々とともに取り組む地域からの平和構築等に加え、日本国内での災害支援にも取り組んでいます。
  また、活動現場の事例を政府開発援助(ODA)や援助政策に活かすとともに、対話によって平和な社会が築かれるよう、国際機関や日本政府に対する政策提言にも力を入れています。 
  JVCは、アジア太平洋地域における平和・非暴力実現の推進、人間の安全保障実現の推進という観点からみて、長い活動歴や多角的・広域的な活動範囲、地域的な広がりにおいて、極めて優れた業績を残しています。
  さらに、中期目標(2016年度~2020年度)では、平和構築の活動を積極的に行うことなどを掲げており、これまでの活動が将来にわたって安定的に持続することが十分に見込まれ、平和構築の促進へ大きく寄与する将来性が期待されます。 
  沖縄平和賞委員会は、非暴力主義を基底とし、現地住民の信頼を得ながら地域に根ざした活動で「平和・非暴力の実現」を体現し、また、人間一人ひとりに寄り添い、緊急に対応する活動姿勢で「人間の安全保障の実現」を促進してきたJVCを第9回沖縄平和賞に最も相応しい団体と評価して受賞者に決定しました。


 第9回沖縄平和賞授賞式(平成30年10月23日) 
  受賞者団体ホームページ(外部サイトへリンク)


【沖縄平和賞選考委員会】

委員長 小宮山 宏(株式会社三菱総合研究所 理事長)
副委員長 仲地 清 (名桜大学 名誉教授)
  大城 肇(琉球大学 学長)
  山里 勝己(名桜大学 学長)
  川端 義明(元NHKキャスター)
  渡部 真由美(元国連職員)
  瀬谷 ルミ子(日本紛争予防センター 理事長)
  遠藤 誠治(成蹊大学法学部 教授)
  モンテ カセム(大学院大学至善館 学長)

※肩書は当時

歴代受賞者一覧に戻る

TOPへ

 

 

お問い合わせ

子ども生活福祉部女性力・平和推進課平和推進班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2500

FAX番号:098-866-2589

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?