• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 福祉 > 施設案内・組織案内 > 福祉支援班(地域福祉グループ)の所掌事務 > 沖縄県福祉サービス第三者評価事業|評価結果|れいめいの里

ここから本文です。

更新日:2016年4月13日

沖縄県福祉サービス第三者評価事業|評価結果|れいめいの里

基本情報

1.事業所名

れいめいの里

2.経営主体

社会福祉法人おきなか福祉会

3.所在地

うるま市石川3259番地の96

4.定員

40名

第三者評価結果の概要

特に評価の高い点

1.法人として中期計画(3年間)を策定し事業計画に反映させ実施している

平成25年度から3年間の中期計画を策定し、支援費制度の新体系移行に伴って将来展望として「経営基盤強化」「福祉サービスの質の向上」「事業領域の拡大」「施設の建替」の目標を掲げ、今年度は10月を目処に、相談支援事業の開所や個別支援計画のシステム導入による事業拡大及びサービスの質向上等、実行に移している。

2.利用者家族アンケート及び職員の自己評価を実施し、課題を抽出して改善に向けて取り組んでいる。

平成24年8月に実施した利用者家族へのアンケート調査では、設問を「利用者への対応」と「家族への対応」に分類して分析し、評価の低い質問項目については、家族会において分かりやすい資料を配付し説明をする等、課題の改善に取り組んでいる。職員の自己評価は、「生活介護」「プライバシー」等5項目を設定して調査、分析を行い課題を抽出している。その取り組みとして「利用者接遇改善運動」を展開し、利用者の人格尊重を基本に「言葉遣い、態度」等の改善に取り組んでいる。

3.職員の業務改善提案制度や職員資格取得支援制度を制定し、人材育成に力を入れている

法人として平成23年度から職員による業務改善提案制度を開始し、改善可能な提案上位5件については、表彰を行なっており、職員の関心も高く初年度は28件の提案が出されている。更に、職員資格取得支援制度を創設し、社会福祉士等関連職種10件が対象で資格取得時に助成金が授与される。通信教育受講者には受講料の半額補助制度や資格取得費用の融資制度等が有り、毎年資格取得者を輩出し、職員の士気の向上や人材育成に力を入れている。

4.日常生活場面で利用者尊重が伺える

食事時間帯の中で、利用者本人が好む時間に食事を摂ることが出来る。また、毎日入浴が可能で、夜間帯以外は入浴時間も自由である。女性利用者の多くが、本人の意思で地域の美容室を利用し定期的にヘアカラーをする等、利用者の自己決定の場面が伺える。更に、施設内のゴミ捨て、トイレの掃除等の作業を分担し、全員が工賃をもらえる体制は利用者の生きがいに繋がり、施設生活に潤いをもたらすことから、日常生活場面において利用者が尊重されていることが伺える。

改善を求められる点

1.提供するサービスにおいて、標準的な実施方法の整備及び周知が望まれる

事故発生対応マニュアル(感染症対応、誤薬)、苦情解決マニュアル等管理体制に関するマニュアルは一部整備されているが、提供するサービス(入浴、排泄、着替え等の介助)のマニュアルの整備と職員への周知が望まれる。

2.運営規程及び指定基準に定められた個別支援計画の作成及び実施の手順の遵守が求められる

個別支援計画の作成について、今年度からパソコンネットワークシステムが導入されている。アセスメントの実施や支援目標、支援内容が記載され実施されているが、それらの策定に当たって多職種による関係職員の協議の実施が望まれる。なお、個別支援計画書の6か月毎の評価・見直しの実施と利用者の状態変化に応じた随時の見直し等が望まれる。

3.人材育成の姿勢は伺えるが、職員研修体制のさらなる充実が望まれる

これまでは職場外での研修を中心に実施されており、職場内では主に新人研修がなされ、更に、利用者接遇改善運動等に取り組まれている。今年度は職場内外の多彩な研修計画も立案されている。中期事業計画において毎年のように事業拡大が予定されており、それに伴う必要な人材の計画作成及び職員一人ひとりの専門的技術水準の向上のための職員研修は、福祉サービスの質を確保するためにも重要であり、特に職場内研修の充実及び研修成果の評価・検討が望まれる。

第三者評価に対する事業者のコメント

第三者評価を意識改革につなげて行きたい。
評価結果では、当初意識に無かった視点に気が付いたことが、最も大きな収穫だと思います。
真の利用者主体とは何か、プロに期待される業務レベルはどうあるべきか、説明義務は果たしているか、リスクに対処できる体制となっているか等、実に多くの課題、言い換えれば良くなる宝箱に気がついたと感じます。
改善を進めて行く際の最も重要な事は、職員の参加だと考えますので全員参加の仕組みづくりと役割分担を行い、改善推進を図ります。
当法人では、2年後の再受審を予定していますので、これを次のゴール目標として改善推進を行います。
昨年に手探りで行った自己評価を行いましたが、今回の第三者評価の視点を取り入れることにより、レベルアップした自己評価体制を確立し、問題点の自己発見能力と自己解決能力・意欲的な目標レベルの設定が可能になれば、質が高く意欲ある職員が育ち、それが利用者の生活の質・生き甲斐の充実につながっていくものと確信しています。

 

利用者調査の結果

 

第三者評価機関名

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部福祉政策課社会福祉班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(北側)

電話番号:098-866-2177

FAX番号:098-866-2758

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?