• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2018年5月22日

熱中症予防の普及啓発・注意喚起について

社会福祉法人経営者・福祉サービス提供者のみなさま

気温の高い日がつづくこれからの時期、利用者や施設職員の 熱中症にご注意ください!!

1.熱中症とは

 「熱中症」とは、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調整機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。

2.熱中症の症状

● めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い

● 頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う

● 返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

3.熱中症の予防・注意喚起

● 熱中症予防リーフレット(厚生労働省 作成)(PDF:770KB)

● 熱中症予防の普及啓発・注意喚起について(PDF:156KB) (平成30年5月10日付、厚生労働省 事務連絡)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部福祉政策課社会福祉班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(北側)

電話番号:098-866-2177

FAX番号:098-866-2758

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?