• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2018年9月17日

社会福祉施設等の防災対策

防災対策・非常災害発生時のおおまかな流れ

※ご覧になりたい図をクリックすると詳細な情報が掲載されたページに進みます 

step1step2step10step20

 

 step1-1

災害から利用者や職員のいのちを守るためには、まず社会福祉施設等がどのような場所に建っているのか、立地状況からどのような災害の発生が考えられるのかを知ることが重要です。

  • 施設の立地を知る 

ハザードマップ

● 国土交通省ハザードマップポータルサイト

● 沖縄県地域防災計画 (県 防災危機管理課)

土砂災害のおそれがある区域

● 沖縄県地図情報システム

● 沖縄県土木事務所(北部中部南部宮古八重山

河川はん濫のおそれがある区域

 ● 川の防災情報 (国土交通省)

※平成29年4月以降にリンク先を変更します

津波・高潮など

● 沖縄県津波避難計画策定指針 (県防災危機管理課)

● 沖縄県海抜高度マップ (県 防災危機管理課)

  • 災害のしくみを知る (すべて気象庁HPへリンク)

台風

● 台風

● 台風情報の種類と表現方法

土砂災害 

● 土砂災害

● 土砂災害警戒情報・土砂災害警戒判定メッシュ情報

大雨・洪水

● 「急な大雨」による災害

●  指定河川洪水予報

 

ページの先頭へ戻る

step1-2

社会福祉施設等の管理者は、 非常災害に関する具体的な計画を立て、避難訓練など必要な訓練を行わなければなりません。

● 要配慮者利用施設に係る避難確保計画 (国土交通省)

● 防災ガイドBook (全国グループホーム団体連合会)  

ページの先頭へ戻る

    

step2-2

大雨や台風の接近など、災害の種類によっては事前に情報を収集し災害に備えることが可能です。災害の発生が予想される場合には、気象庁をはじめ関係機関が提供する情報を収集・整理し、避難計画をもとに必要に応じて早めの避難をしてください。また、早めに避難するためには事前に避難所の位置を把握することも重要です。 

  • 災害情報 (警報・注意報・避難準備情報など)

● 気象庁

● 沖縄県防災情報ポータル (県 防災危機管理課) 

  • 河川情報

 ● 川の防災情報 (国土交通省)

※平成29年4月以降にリンク先を変更します

 

ページの先頭へ戻る

  

step30

気象情報や各自治体が提供する避難情報等をもとに、早めの避難行動をとります。

積極的に早めの避難を!!

(1)疑わしきときは行動せよ

(2)最悪事態を想定して行動せよ

(3)空ぶりは許されるが見逃しは許されない

いつ避難するか (避難のタイミング)

 社会福祉施設等では、自力避難が困難な方の利用も多く、避難に時間を要することから「避難準備・高齢者等避難開始情報」が発令されたら、避難を開始する必要があります。また、避難準備・高齢者等避難開始情報の発令前であっても状況に応じて早めに避難する必要があります。

● 避難準備・高齢者等避難開始情報のしくみ (内閣府防災情報のページ)

どこに避難するか (避難する場所)

災害が発生すると各市町村は指定緊急避難場所および指定避難所を開設します。日頃より、①避難所の場所、②避難所までの経路を確認する必要があります。

ただし、災害の規模や種類等によっては避難所が変更になったり、避難所が開設されない場合があります。災害発生時には、テレビやラジオなどから避難所の開設情報を入手してください。

● 県内の指定避難所

● 県内の福祉避難所 (県 福祉政策課)

※指定避難所、福祉避難所の詳細は、各市町村の担当窓口へお問い合わせください

どのように避難するか (避難の方法)

「避難準備・高齢者等避難開始情報」が発令されたら、避難を開始する必要がありますが、大雨等により指定避難所等への移動が危険な状況にある場合などには、状況に応じた避難を行う必要があります。

● 外出の危険度に応じた避難場所(PDF:447KB) (平成29年2月、内閣府沖縄総合事務局河川課資料より抜粋)

 

ページの先頭へ戻る

 

step5-2 

災害が発生し利用者や職員、施設に被害が発生した場合には、①安全を確保し、②必要な救護措置・二次被害防止を行ったうえで次のとおり報告してください。

人的被害が発生した場合 (利用者・職員の死亡、行方不明、重軽傷など)

tel

物的被害が発生した場合 (施設の全半壊、全半焼、一部損壊など)

被災報告担当窓口(各市町村または県)へ指定様式によりご報告ください。

 

ページの先頭へ戻る

参考資料 (平成29年2月~3月 要配慮者利用施設の管理者向け説明会)

● 説明会案内 (平成29年1月11日、沖縄県土木建築部河川課長・海岸防災課長)

● 防災気象情報の活用について(PDF:1,263KB) (気象庁沖縄気象台)

● 河川情報の活用・入手方法等について(PDF:1,783KB) (内閣府沖縄総合事務局開発建設部河川課)

 

● 水害・土砂災害に備えて (内閣府沖縄総合事務局開発建設部河川課)

● 社会福祉施設等における利用者の安全確保及び非常災害時の体制整備について(PDF:1,150KB) (沖縄県子ども生活福祉部)

 

● 県からの防災情報等の提供について(水害への備え)(PDF:1,057KB) (沖縄県土木建築部河川課)

● 土砂災害への備えについて(PDF:1,956KB) (沖縄県土木建築部海岸防災課災害砂防班)

 

関係機関リンク 

  • 防災施策に関すること 

● 内閣府(防災担当)

● 内閣府沖縄総合事務局

● 沖縄県 防災危機管理課

● 沖縄県 河川課 (河川に関すること)

● 沖縄県 海岸防災課 (土砂災害に関すること)

● 各市町村の担当窓口

 

  • 避難所に関すること 

● 各市町村の担当窓口

● 沖縄県 消費・くらし安全課(指定避難所、災害復旧)

● 沖縄県 福祉政策課(福祉避難所)

 

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部福祉政策課

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(北側)

電話番号:098-866-2177

FAX番号:098-866-2758

子ども生活福祉部高齢者福祉介護課施設福祉班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2214

FAX番号:098-862-6325

子ども生活福祉部青少年・子ども家庭課児童育成班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2174

FAX番号:098-868-2402

子ども生活福祉部子育て支援課認可・指導班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(南側)

電話番号:098-866-2457

FAX番号:098-866-2433

子ども生活福祉部障害福祉課事業指導支援班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(北側)

電話番号:098-866-2190

FAX番号:098-866-6916

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?