• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 福祉 > 施設案内・組織案内 > 福祉支援班(地域福祉グループ)の所掌事務 > 評価結果の公表 > 沖縄県福祉サービス第三者評価事業評価結果 宇栄原こども園

ここから本文です。

更新日:2021年7月20日

沖縄県福祉サービス第三者評価事業評価結果宇栄原こども園

基本情報

  1. 事業所名:宇栄原こども園
  2. 経営主体:社会福祉法人わかめ福祉会
  3. 所在地:沖縄県那覇市小禄1066番地

第三者評価結果の概要

総評

特に評価の高い点

1.職員・組織全体の向上心。

ガバナンス体制の整備された法人のバックアップにより、研修体制が充実している。「期待する職員像」のもと、職員一人一人の課題や経験に応じた目標が明確で、面談を通して改善点を確認し実践に繋げている。「期待する職員像」には、「向上心を忘れない」という項目があり、研修参加へのモチベーション等、具体的な行動が示されている。職員は、保育教諭として知識・スキル・感性を向上するための研鑽を行っている。

2.マニュアルの整備。

「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」に基づいた、全体的計画、年齢毎の年間計画、月案が一貫性を持って策定されている。各計画に基づいた教育・保育の手順について、各種マニュアルが整備されており、職員は、マニュアルに沿った実施方法について、チェックリストを活用し確認・評価している。

3.人材育成の充実。

教育・研修の機会は、階層別・職種別・テーマ別に確保されており充実している。毎月の園内研修は、子どもの理解を深めるより良い・教育・保育実践に狙いを置き、年間計画が策定されている。法人の全体研修を年に3回外部講師を招聘し実施している。個別のキャリアップに繋がる外部研修の受講については、年に3回実施している自己評価に自己のスキルアップ、受講希望する研修の記載欄があり、希望に沿った研修計画を構築し実践している。

改善を求められる点

1.実習生の受け入れについて

実習生を受け入れるマニュアルを整備し、受け入れプログラム、学校との連携、実習目的について明文化している。今年度予定していた実習生の受け入れは、コロナ禍のため中止を余儀なくされた。実習受け入れについて学校側と連携し、効果的な研修・育成体制の構築に期待したい。

第三者評価結果に対する施設・事業所のコメント

第三者評価の受審は全職員において園運営、組織的な体制を見直す良い機会となりました。今年度受け入れのなかった実習生については、マニュアル通りに進めていけるか今後精査し、取り組んでいきたいと思います。今回ご指導いただいた指導計画の策定においては保護者の思いを汲み、より良い教育・保育に繋げていけるよう、また地域や保護者の皆様に愛されるこども園として職員一同努力していきたいと思います。

評価結果の詳細

第三者評価機関

一般社団法人沖縄県社会福祉士会

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部福祉政策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(北側)

電話番号:098-866-2164

FAX番号:098-866-2569

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?