• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 福祉 > 施設案内・組織案内 > 福祉支援班(地域福祉グループ)の所掌事務 > 評価結果の公表 > 沖縄県福祉サービス第三者評価事業評価結果 特別養護老人ホーム与勝の里

ここから本文です。

更新日:2019年7月5日

沖縄県福祉サービス第三者評価事業評価結果 特別養護老人ホーム与勝の里

基本情報

  1. 事業所名:特別養護老人ホーム与勝の里
  2. 経営主体:社会福祉法人与勝福祉会
  3. 所在地:沖縄県うるま市勝連南風原4902番地

第三者評価結果の概要

総評

特に評価の高い点

1.利用者の状況に応じた生活支援に取り組んでいる。 

看取りについては、年間事業計画の重点目標に位置付け、看取りケアの充実支援を掲げている。昨年度は入所中に亡くなられた11名全員を施設で看取っており、職員は居室での「ヌジファ(魂の導き)」も行い、告別式にも参加し、最後まで見送りをしている。
毎年、資格取得のため計画的に喀痰吸引の講習を受講させ、資格を取得した介護職員が20名となっている。医師や看護師の指導・助言により安全管理体制が構築され、日中の吸引は看護師が行い、夜間は資格取得者を配置して介護職員が対応している。
今年度から理学療法士の配置により、機能訓練計画に基づき主に下肢筋力の強化で平行棒での立位や移動、可動域の訓練等を行なっている。可動域を拡げる訓練によって、腕を上げられるようになり、自分で食事を摂ることができるようになった利用者がいる。

2.毎日昼食時に、栄養士と調理担当職員がペアで利用者の声を聴き献立に反映させている。また、栄養ケアマネジメントを実施し、利用者の心身の状況に合わせた食事提供がされている。

昼食時は毎日、栄養士と調理員が食事場面を巡回し、利用者の状況を観察・把握している。調査時に利用者から「芋は硬いから、あちびーにして」との要望があり、当日の夕食から対応する等、利用者の意向を早めに反映している。2か月に1回、おやつバイキングを実施して利用者から喜ばれている。
栄養ケアマネジメントの実施により、利用者の心身の状況にあった食事の提供に努め、ミキサー食から常食へ、経鼻経管栄養摂取から経口摂取となった事例がある。

3.地域の福祉ニーズに基づき、公益的事業として配食サービスを実施している。

法人として居宅介護支援事業所や地域包括支援センター等の相談機能を有し、福祉ニーズの把握に努めている。把握した福祉ニーズに基づき、平成30年1月より地域における独居高齢者等を対象として「配食サービス」を実施要綱に基づいて実施している。配食は月曜日から土曜日の夕食を低料金で居宅に配達提供し、公益的な事業として取り組んでいる。

改善を求められる点

1.具体的な内容に基づく中・長期計画の策定が望まれる。

中・長期的なビジョンを明確にした「社会福祉法人中・長期計画」が策定され、理念に基づいて、利用者、社会、福祉人材、マネジメントに対する基本姿勢として具体的な考え方が明示されている。基本姿勢の実現のための、福祉サービスの内容、組織体制、設備の整備、職員体制、人材育成等の項目を明示して具体的な数値目標や期間の明記、及び中・長期計画に沿った収支計画の策定が望まれる。

2.標準的な実施方法(マニュアル)の策定、及び定期的な見直しが望まれる。

標準的な実施方法(マニュアル)として、「利用者の虐待防止等権利擁護」や「事故発生時の対応と安全確保」、「入浴、排せつ、食事等各種支援マニュアル」が策定されている。「福祉サービス実施計画の策定及び見直し」、「ボランティアや実習生受け入れ」、「移動支援」等の未整備マニュアルの策定、及び既存マニュアルについては検証、見直しの時期や方法を定めて定期的に実施し、施設の現状に即したマニュアルの見直しが望まれる。見直しに当たっては職員や利用者の意見や提案の反映が望まれる。

3.利用者の状況に応じた服薬管理、及び誤薬防止の強化が望まれる。

服薬管理については、飲まし忘れや他人の薬を与薬するなど、誤薬が複数回発生しており、再発防止のためのチェック体制の見直しや職員に対する研修の実施、及び服薬に対するマニュアルを整備して職員に周知徹底することが望まれる。

4.生活支援現場における環境整備と利用者への配慮が望まれる。

居室や浴室、トイレ使用時における利用者のプライバシー保護についてのきめ細かい配慮が望まれる。また、臭いへの対策や清掃等については、施設が実施した職員アンケートでも清掃についての意見があることから、生活環境整備への取り組みの徹底強化が望まれる。

第三者評価結果に対する施設・事業所のコメント

今回、施設の福祉サービスを見直す機会として、福祉サービス第三者評価を受審しました。評価の高い点については、地域の施設として、更に取り組みを強化していきたいと思います。
又、改善を求められる点については、施設としての課題が明確になりましたので、役職員一同で課題の解決に向けて取り組み、質の高いサービスが提供できるようにしていきたいと思います。  

評価結果の詳細

第三者評価機関

特定非営利活動法人介護と福祉の調査機関おきなわ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部福祉政策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(北側)

電話番号:098-866-2164

FAX番号:098-866-2569

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?