• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 福祉 > 施設案内・組織案内 > 福祉支援班(地域福祉グループ)の所掌事務 > 評価結果の公表 > 沖縄県福祉サービス第三者評価事業評価結果 児童養護施設ならさ

ここから本文です。

更新日:2020年4月1日

沖縄県福祉サービス第三者評価事業評価結果 児童養護施設ならさ

基本情報

  1. 事業所名:児童養護施設ならさ
  2. 経営主体:社会福祉法人  紺碧の会
  3. 所在地:石垣市新川 1695-27

第三者評価結果の概要

総評

特に評価の高い点

1.施設長の責任とリーダーシップが発揮されている。 

就任2年目になる施設長は、児童自立支援計画策定、及び定期的な評価・見直しの定着、支援台帳等を整備し、決裁している。職員に対しては、個人面談を実施して要望や不安等を聞いて仕事が継続できる配慮をし、個別対応職員等加算職員の配置や3人のフリー職員を配置して指導員等のフォロー体制をとっている。施設の課題とされている、養育・支援に関するマニュアル類の整備、及び経営の改善や業務の実効性を高めるため、税理士等専門職が参加する会議を運営し、経営の改革に取り組んでいる。関連項目( 10,11 ,12,13 )

2.卒園児の支援継続、及びアフターケアに努めている。

離島に所在する施設では、卒園児の殆んどが進学や就職で島外へ出ていく。これまでは、出張のついでに卒園児を訪ねるなどしていたため、支援の継続やアフターケアが充分にできない状況であった。今年度から沖縄県の委託によるNPO法人の「にじのしずく」事業がスタートしたことを活用して支援の継続、及びアフターケアに取り組んでいる。さらに、公益財団法人「あいである」と契約し、「実家便支援」として、退園してから最長5年間の食料品等の支援があり、平成31年3月に卒園した3人に対して支援を開始している。関連項目( 51,52 )

3.家族との信頼関係づくり、及び親子関係の再構築に努めている。

施設と家族との信頼関係、及び親子関係の再構築づくりは家庭支援専門相談員を中心に心理士や担当職員等が関わっている。施設行事予定や情報等は、毎月の園だよりや電話、家庭訪問などで随時連絡し、家族との信頼関係が築かれるよう配慮している。親子関係の再構築については、面会や外出一時帰宅計画に位置付け、児童相談所と毎月会議が実施され、密接な連携を図り、家族との関係継続や修復、養育力の向上に取り組んでいる。退園にむけて「要保護児童個別支援会議」や「要保護児童対策地域協議会」に支援を依頼し、地域での支援に繋げている。関連項目(51,69,70 )

改善を求められる点

1.中・長期計画の策定が望まれる。

「新しい社会的養育ビジョン」にもとづいて「乳児院・児童養護施設の高機能化、機能転換、小規模化かつ地域分散化福祉計画」が10年計画で作成されている。理念や基本方針の実現に向けて3~5年を目指す中・長期計画として、養育・支援の内容、組織体制や設備の整備、職員体制、人材育成等に関する具体的な計画の作成、及び収支計画の作成が望まれる。関連項目( 4,5 )

2.職員の質の向上に向けた体制の確立、及び取組が望まれる。

職員の質の向上に向けて、事業活動計画を作成し、心理士や家庭支援専門相談員等の職種連絡会議、全国児童養護問題研究大会や九州児童養護施設職員研修大会等の県外研修、虐待防止や権利擁護の内部研修等が計画、実施されている。施設として必要とされる専門技術・資格等を明示し、研修内容の評価見直し、及び明確にされている「期待する職員像」の達成に向けて、職員一人ひとりの育成に向けた目標を設定させ、年2回の面接による目標管理等、職員の質の向上に向けた体制の確立、及び取組が望まれる。関連項目( 17,18 ,19 )

3.標準的な実施方法(マニュアル)の追加整備、及び見直しが望まれる。

標準的な実施方法(マニュアル)について、危機対応や強制引き取り時対応、無断外出・外泊、インフルエンザ対応等のマニュアルが整備され、自立支援計画の策定及び評価に係る手順書が作成されている。
標準的な実施方法(マニュアル等)に、子どもの尊重や権利擁護、プライバシーの保護に関わる姿勢を明示し、マニュアルの研修等で職員への周知徹底、及び見直しをする仕組みの確立が望まれる。関連項目( 40,41 )

第三者評価結果に対する施設・事業所のコメント

今回の第三者評価についてたくさんの気付きを与えて下さり、感謝致します。
改善点である、中・長期計画の策定、職員の質の向上、各マニュアルの作成と見直し等、改善に向けて進みたいと思います。マニュアルに関しましては、当施設に合ったマニュアルを丁寧に作り、職員への周知徹底を行っていきます。ありがとうございました。 

評価結果の詳細

第三者評価機関

特定非営利活動法人介護と福祉の評価機関おきなわ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部福祉政策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(北側)

電話番号:098-866-2164

FAX番号:098-866-2569

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?