• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 健康・医療・福祉 > 福祉 > 施設案内・組織案内 > 福祉支援班(地域福祉グループ)の所掌事務 > 評価結果の公表 > 沖縄県福祉サービス第三者評価事業評価結果 アスク北谷保育園

ここから本文です。

更新日:2019年11月29日

沖縄県福祉サービス第三者評価事業評価結果 アスク北谷保育園

基本情報

  1. 事業所名:アスク北谷保育園
  2. 経営主体:株式会社日本保育サービス
  3. 所在地:北谷町伊平203番

第三者評価結果の概要

総評

特に評価の高い点

1.子どもの健康管理が適切に行われている。 

子どもの健康管理については、専任の看護師が配置され、健康管理に関するマニュアルや年間の保健計画が策定されている。それにもとづいて受け入れ時に健康チェックをし、年2回の健康診断や歯科検診の実施、その結果が集計分析され、課題は職員会議で報告して各担任へ周知し、指導の必要な子どもは直接保護者と話している。看護師が年に2回、3・4歳児を対象に歯磨きや手洗い、うがいの指導を行っている。保護者に対しては、健康に関する方針や取り組みを毎月の「ほけんだより」で伝え、重要事項説明書で服薬や感染症の取り扱い、アレルギーについて説明している。

2.安心・安全な福祉サービスの提供のための組織的な取り組みが行われている。

リスクマネジメントに関する責任者が配置され、事故対応マニュアルを整備している。東京本部の安全対策課より1日2回、定期的にアクシデント事例が届けられ、職員にもタイムリーに閲覧させ注意喚起を促している。職員会議において事例をもとに検討会議を実施し、本園においてのリスク要因や発生防止策の取り組みを行っている。災害時における子どもの安全確保の取り組みとして、災害時のマニュアルが整備され、重要事項説明書で対応方法や避難場所、発生時の伝言方法として伝言サービス「117」の利用等が説明され、子どもの安否確認として「緊急時引き渡票」を提出させている。災害や地震、津波不審者等を想定した訓練が毎月実施され、年2回消防署の指導で総合訓練が実施されている。

3.家庭との緊密な連携及び利用者の満足の向上に努めている。

子どもの生活を充実させるための家庭との連携については、連絡帳や連絡ノートを使用し、送迎時は伝言票で伝達している。保護者に確認すべき事項や子どもの発達状況、体調や保育の様子など個別に伝えるべき情報は、伝言票を使って遅番の保育士が伝えている。施設の行事については、法人の方針で保護者が毎月参加できるように設定され、親子遠足や運動会、発表会、保育参観等に加え、年2回実施する保育参観や個人面談の他、給食試食会、親子制作等となっている。行事参加後は保護者からアンケートを徴し、「運動会は子ども主体のプログラムを増やしてほしい」や「発表会は舞台を造って見やすいようにしてほしい」等の意見があり、今年度は改善して利用者の満足の向上に努めている。

改善を求められる点

1.中・長期的なビジョンを明確にした計画の策定、及び中・長期計画を踏まえた単年度事業計画の策定が望まれる。

中・長期的な計画は平成29~33年度までの5か年間の計画が策定され、具体的な事業内容となっている。中・長期的な計画は理念や基本方針の実現に向けた目標を明確にし、組織体制や設備の整備、人材育成等に関する具体的な計画と計画に伴う収支計画の作成が望まれる。さらに、中・長期計画を踏まえた単年度の事業計画は、数値目標や具体的な成果等を設定し、実施状況の評価が行える内容での作成が望まれる。

2.地域との交流、地域貢献が求められる。

地域との関わり方の基本的な考え方はマニュアルに明示されている。夏祭りには、子どもたちが神輿を担いで地域を回り、ハロウィンでは、近隣の高齢施設や郵便局、役場等を訪問している。地域への働きかけとして、地域行事への積極的な参加や施設が有している専門性や特性を活かし、地域の保護者や子どもなどの生活に役立つ講演会や研修会の開催、子育て相談事業等の地域への貢献活動が求められる。

3.子どものプライバシー保護等に配慮した福祉サービスの実施が望まれる。

排せつや着替え等、子どもの日常生活に配慮したプライバシー保護に関するマニュアルを策定するとともに、職員に対して策定したマニュアルを周知徹底して、全クラスにおける排せつや着替えの場面等でプライバシー保護への配慮が望まれる。また、マニュアルにもとづいてプライバシー保護が実施されているかを確認する仕組みの構築が求められる。。

第三者評価結果に対する施設・事業所のコメント

今回の第三者評価の調査を終えて、まだまだ行き届かない部分が多々あると、課題が多く見えてきた。これからのより良い保育園作りを目指すためにも、中・長期的なビジョンを明確にしていかなければならないと感じた。また、保護者の皆さまから頂いたご意見を見直し少しずつ改善していきたい。皆さまから頂いた温かいお言葉に職員一同励まされ、より一層「子ども達の為に出来る事は何か?」と見直すきっかけとなった。更に職員一人ひとりの質向上をめざすと共に、保育の質も上げ、地域の皆様からも愛される保育園作りを目指したい。 

評価結果の詳細

第三者評価機関

特定非営利活動法人介護と福祉の評価機関おきなわ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども生活福祉部福祉政策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟3階(北側)

電話番号:098-866-2164

FAX番号:098-866-2569

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?