• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2022年1月20日

航空交通

離島航空路線

離島路線

  • 令和4年1月現在、12の離島航空路線が就航しております。
路 線 JTA RAC ANA SNA SKY 第 一
那 覇-南大東          
那 覇-北大東          
南大東-北大東          
那 覇-久米島        
那 覇-宮 古      
那 覇-石 垣    
那 覇-与那国          
宮 古-石 垣          
宮 古-多良間          
10 石 垣-与那国          
11 那 覇-下地島          
12 那 覇-粟 国          

 ※JTA:日本トランスオーシャン航空、RAC:琉球エアーコミューター、ANA:全日本空輸、

  SNA:ソラシドエア、SKY:スカイマーク、第一:第一航空

 

県外・国際路線

  • 県外路線、国際路線については、観光振興課にお問い合わせください。

 

支援施策

離島空路確保対策事業

 離島航空路の確保・維持を図るため、以下の補助事業を実施しております。

  • 運航費補助 (国及び地元市町村との協調による欠損補助)
  • 航空機購入費補助 (国との協調補助)

 

運航費補助

 離島航空路線の運航に伴い生じた欠損について、国及び地元市町村との協調により補助を行っております。

 次の全ての要件に該当し、沖縄県離島航空路線確保維持協議会において承認された路線が補助対象となります。

 令和3年度運航分の補助対象(予定)路線は 宮古-多良間路線 となっております。

  • 離島航空路線によって結ばれる地点が、当該離島にとって最も日常拠点性を有していること。
  • 海上輸送等の代替交通機関の所要時間が概ね2時間以上であること。
  • 競合路線ではないこと。  
地域公共交通確保維持改善事業の事業評価(自己評価)について

 国の「地域公共交通確保維持改善事業」により補助を受けるには、離島の生活に必要不可欠な航空路の確保・維持の内容について、沖縄県離島航空路線確保維持協議会で議論した上で「離島航空路確保維持計画」を策定し、国に申請する必要があります。

 また、「地域公共交通確保維持改善事業」による支援を受けた事業については、事業の実施状況の確認、評価を行い、公表することになっております。

 令和3年度(令和3年4月~令和4年3月運航分)の事業評価(自己評価)をまとめましたので、次のとおり公表します。

 事業評価(自己評価)(PDF:58KB)

 参考資料~令和3年度沖縄県離島航空路確保維持計画(PDF:121KB)

 

 航空機購入費補助

 次の全ての要件に該当する場合に補助対象となります。

  •  離島に係る航空路線を就航すること。
  • 当該航空機の就航が離島における空港の効率的な利用及び整備に資すること。
  • 航空機購入費が無い場合、赤字が見込まれること。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部交通政策課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟7階(北側)

電話番号:098-866-2045

FAX番号:098-866-2448

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?