• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 公募・入札 > 「先端技術活用によるエネルギー基盤研究事業補助金」に係る公募について(令和元年7月31日更新)

ここから本文です。

更新日:2019年7月31日

「先端技術活用によるエネルギー基盤研究事業補助金」に係る公募について(令和元年7月31日更新)

 

令和元年7月31日
沖縄県知事 玉城 康裕

 

令和元年7月4日より公募しています「先端技術活用によるエネルギー基盤研究事業補助金」に係る質問及び回答を掲載します。

 

 


 

令和元年7月4日
沖縄県知事 玉城 康裕

沖縄県は、「先端技術活用によるエネルギー基盤研究事業」を実施することとしており、その実施者(補助事業者)を広く一般に募るため、公告します。

補助事業の名称、目的及び補助率等

(1)名称

先端技術活用によるエネルギー基盤研究事業補助金

(2)目的

この事業は、沖縄県内の事業者が沖縄県内大学等の研究シーズを活用するなど産学官連携により、沖縄県のエネルギーの課題解決に寄与するために、先端技術を新エネルギーや再生可能エネルギー基盤技術へ活用するなど新規性の高い研究開発を推進し、沖縄県のエネルギーの安定供給や供給源の多様化等を目指すことで、沖縄県の科学技術や産業の振興に資することを目的としています。
対象とする研究開発事業(以下、「補助事業」という。)は上記目的に合致するもので、研究開発の全部又は主要な部分を沖縄県内で実施し、かつ補助事業終了後も沖縄県内で継続的な研究開発及び事業展開が見込めるものとします。

(3)補助率、補助金額及び採択件数

  • 補助率:補助対象経費の8/10以内
  • 補助金額:4千万円を上限とする
  • 採択件数:1件程度(予定)

応募要領

(1)応募方法

応募は、下記「関連資料」に示す公募要領等に従い提出書類を作成し、提出期限内(令和元年8月6日(火曜日)17時迄)に持参又は郵送にてご提出下さい。電子メール及びFAXによる提出は受け付けません。
なお、書類提出に当たって使用する言語及び通貨は日本語及び日本国通貨とし、提出された書類は返却いたしません。

1.持参の場合

土・日・祝日を除く9時から17時の間に、沖縄県企画部科学技術振興課(沖縄県庁舎7階)にお持ち下さい。

2.郵送の場合

封筒に「先端技術活用によるエネルギー基盤研究事業補助金に係る提出書類在中」と朱書きの上、配達が証明できる方法(特定記録、簡易書留等)でご送付下さい。

  • 送付先:〒900-8570沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号
  • 沖縄県企画部科学技術振興課 宮城 宛

2)説明会の開催

下記のとおり説明会を開催し、補助事業の内容、応募にあたっての手続き、提出書類等について説明いたします。応募に当たり説明会へ出席するかは応募者の自由です。(応募の要件ではありません)
なお、説明は日本語で行い、事前登録は不要ですが、参加予定人数を下記「お問い合わせ」まで、事前にご連絡頂けますと幸いです。

  • 日時:令和元年7月23日(火曜日)10時00分~11時00分
  • 場所:沖縄県庁舎7階第4会議室(沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号)
  • 資料:説明会資料は、下記「関連資料」を各自で印刷して当日お持ちください。

 

お問い合わせ

補助事業に関する質問等に関しては説明会で受け付けます。
また、それ以降のお問い合わせに関しては記録として残しておくために、令和元年7月24日(水曜日)から令和年7月30日(火曜日)の間で、電子メール又はFAXで受け付けます(日本語のみ)。
なお、審査等に関するお問い合わせには応じられません。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画部科学技術振興課知的産業集積支援班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟7階(北側)

電話番号:098-866-2560

FAX番号:098-866-2799

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?