• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2012年9月3日

第3章分野別推進の方向

沖縄県では、第2章で示した方針、視点で、下記の5分野におけるユニバーサルデザインの取り組みを推進していきます。この章では、「ユニバーサルデザイン」を「UD」と記述しています。

1.まちづくり

(1)公共建築物・施設

現状と課題

  • 現在の公共建築物は、「ハートビル法」や「沖縄県福祉のまちづくり条例」等を基に「バリアフリー」の観点から整備に取り組んでおり、また、企画・設計等、関係者にUDの考え方が十分浸透していないため、バリアフリー化の基準達成が目的化してしまいがちである。
  • 利用者のニーズを把握し、そのニーズに応える意識(システムづくり)が不十分である。
  • 民間の施設等において、比較的新しいものはバリアフリー化されるなど「誰にでも利用しやすい」よう配慮されている。しかしまだバリアフリー化が必要なものも多い。(バリアフリー化されていても、商品が通路に陳列され通りにくい等の店舗が見受けられる)
  • 公立、公営の建築物や施設の整備については、予算等の制限があり、利用者のニーズすべてに応えることは困難である。

推進の方向

  • 基準の達成だけでなく、利用者のニーズにも応えられるように取り組む。
  • 設置者(設置主体に関係なく)も利用者も皆、UDを理解し、よりよいまちづくりを推進していくため、共通の整備指針を作成する。UDの考え方を整理し、どのような建築物、施設でも区別なく導入できる手法を検討する。
  • 店舗など民間の建築物、施設において、新設の場合は設計・計画の段階でUDの導入を検討してもらう。また、既設のものは改築時のバリアフリー化を検討してもらう。
  • 予算の範囲内で利用者のニーズにできるだけ応えられるよう(ニーズ)を調整する。

(2)交通機関(道路含む)

現状と課題

  • 運行体系のあり方や、交通機関相互の連携(乗り継ぎ)における利便性において、利用者の二ーズの把握が不十分であり、既存の施設等を活用した公共交通体系の再構築が求められている。
  • 施設や車両等のバリアフリー化も進んできているが、健常者の利用のみを想定して設計されたものも存在する。
  • 道路については、国、県、市町村等、管理主体が複数にわたるので、取り組みが統一されず、UDの導入方法(結果)に違いが生じる可能性がある。
  • 道路標識において、英語(ローマ字)、日本語併記に異なる表現がある。また、視認性が低く理解しにくい絵文字(ピクトグラム)等がある。
  • 歩道幅員が狭い、また歩道と車道間に大きな段差・勾配があり、歩きにくい、車イスが通れない等の道路が存在する。
  • 交通情報の提供が不十分であり、来県者(旅行者・外国人等)への情報提供について不満がある。

推進の方向

  • 既存の施設、車両などのバリアフリー化を進め、新規についてはUDの導入を検討する。
  • 交通バリアフリー法等の基準の達成も重要であるが、それだけではなく、利用者のニーズに応えることを目的として施策に取り組む。
  • 道路へのUD導入については、国、県、市町村など各管理主体が連携し、利用しやすさ等に差のない道路を目指す。
  • 視認性の高い、分かりやすく、親しみのもてる道路案内標識の設定等の情報提供を充実させる。
  • 車両だけでなく、安全で快適な歩行空間の整備に努める。
  • 来県者(旅行者・外国人等)への情報提供を充実させる。

(3)住宅

現状と課題

  • 住宅建設などにあたり、それに関わる設計者や施工者に、UDの考え方が普及していない、あるいは、それが取り入れられにくいため、(階段、エレベーター等)住戸までの移動経路を含め、UDの導入(バリアフリー化)が不十分である。
  • 資金面、情報面の制約から、建築時点で必要のない建設等への投資が行われにくい。

推進の方向

  • 「(はじめから)誰にでも住みやすい、暮らしやすい住宅づくり」を進めるため、設計・施行の関係者や入居者(消費者)へUDに関する情報提供等を行う。
  • 必要な時点での改造のしやすい、SI住宅(骨格と内装・設備を分離し、内装や設備などが改修しやすいつくりの住宅)の導入を検討する。

2.ものづくり

製品づくり(支援)、消費

現状と課題

  • 県民(消費者)へのUDの考え方が十分浸透していないため需要がなく、製造業者がUD製品の開発・製造に取り組みにくい。
  • 製造業者にも、UDの考え方が十分に浸透していないため、開発・製造に取り組んでいない。

推進の方向

  • 県民(消費者)へのUDの考え方を浸透させ、UD製品の情報提供、使用の奨励により需要を喚起させる。
  • 製造開発団体等と連携し、UD製品の生産・供給の取り組み支援を検討する。

3.情報・サービスづくり

(1)情報

現状と課題

  • 情報入手(提供)の手段が限られている。視覚(文字やその他の表示)、聴覚(放送や音)、感覚(点字)等、複数の知覚で入手できるようになっていない。
  • 情報の入手が困難である。
    見づらい/文字が小さい等、視覚的にわかりにくい。
    聞き取りにくい/早口や言語が不明瞭である等、聴覚的にわかりにくい。
    日本語のみの表現/複数の言語で表現されていない。
    情報入手方法/どこで必要な情報が入手できるかが不明瞭。情報が整理されておらず、必要な情報が取捨しにくい。
  • 情報の内容がわかりにくい。わかりにくい文章(一般的でない表現)や絵図等が使われており、内容の把握が難しい。
  • インターネットの閲覧、IT機器の操作等、新しい分野に関しては、上記以外に県民間のデジタルデバイド(情報格差)の問題がある。

推進の方向

  • 一方通行の情報提供にならないよう、受信者の身になって、「誰にでもわかりやすく、入手しやすい情報」の発信方法を検討する。
  • インターネットのウェブサイトを誰にでも閲覧しやすい構造、デザインにする。またデジタルデバイド(情報格差)の是正に取り組む。

(2)サービス

現状と課題

  • 行政サービスは、民間に比べて利用の手続きが煩雑でわかりにくく、部署によって対応にバラつきがある等、改善を求める声が多い。

推進の方向

  • 一人ひとりの「思いやり」や「気持ち」等、格差のあるものだけに頼らず、サービスの提供に関する一定の基準(目安)を設け、マニュアル化する等、誰にでも利用しやすい、平等なサービスの提供が可能となるよう取り組む。

4.観光地づくり

観光地(施設)、宿泊施設、お土産品店等

現状と課題

  • バリアフリー観光を推進しているが、対象者が高齢者や障害者のみとなっており、対象を広げる余地がある。
  • 観光地(お土産品店)、宿泊施設等について、バリアフリー化等、施設設備が十分とはいえず、また、(注1)アクセスの改善が必要な事例が多く見られる。
  • (民間)の観光情報が多く出回っているが、「情報」の項目に沿った情報の提供が行政に求められている。
  • 今後、外国人観光客の誘致を促進していくが、外国人を対象とした情報発信が不十分である。
  • すべての観光客を、等しく迎え入れるホスピタリティが不十分である。

推進の方向

  • バリアフリー観光を発展させて、様々な(物理的な)制限をなくし、誰にでも参加できる「UD観光」のメニューづくりに取り組む。
  • アクセスしやすく、誰にでも観光しやすい(訪れやすい)よう観光地の施設整備等を推進する。
  • アクセスしにくい等、ハード面での問題解決が困難なものは、介助サービスの提供等ソフト面での対応を検討する。
  • 観光・物産情報提供を強化する。
  • すべての観光客を等しく迎え入れる体制づくりのために、(注2)ホスピタリティの醸成に取り組む。

注1/アクセス:目的地に到達すること
注2/ホスピタリティ:おもてなしの心

5.状況づくり

(一般県民への)普及活動

現状と課題

  • すべての分野において、UDの考え方が十分に浸透していない。「誰にでも利用しやすいように」といっても、物理的、技術的な制約があり、利用者のニーズ(制約の程度等)に対して利用区分を設けてそれぞれ個別に対応している。(例えば点字ブロックや手話)

推進の方向

  • 利用者にUDの考え方の普及啓発を図るとともに、「(現段階で)『誰でも利用できる、利用しやすいもの』がつくれないものについては、利用者のニーズにあわせて個別に対応せざるを得ない」という現状を説明し、各利用者がそれぞれ(区分ごとに)利用しやすい状況を保てるような状況づくりに取り組む。

→「沖縄県ユニバーサルデザイン推進指針」第4章へ
←「沖縄県ユニバーサルデザイン推進指針」第2章へもどる
↑「『沖縄県ユニバーサルデザイン推進指針』について」(目次など)へもどる

お問い合わせ

企画部企画調整課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟7階(北側)

電話番号:098-866-2026

FAX番号:098-866-2351

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?