• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2012年9月3日

 

第2章ユニバーサルデザイン推進の基本方針

1縄県がユニバーサルデザイン推進で目指すもの

すべての人が暮らしやすく、すごしやすい社会


縄県では、「すべての人が暮らしやすく、すごしやすい社会」の実現を目指し、ユニバーサルデザインの「すべての人のために」という視点で、より豊かな社会環境づくりを推進していきます。
ユニバーサルデザインはもともと、建物や製品等、“もの”的なもの、いわゆるハードを「どのようにデザインする(つくる)か?」についての概念です。「これはすべての人にとって、利用しやすい建物か?」「これはすべての人にとって、使いやすいものか?」「これはすべての人にとって、いい○○か?」・・・。それぞれの対象物について、それをつくる人(設置者、設計者、製作者等)が、それを使う人のニーズにできる限り応えるということを意識する。
沖縄県は、その個々の積み重ねが「すべての人が暮らしやすく、すごしやすい社会」の実現につながると期待し、ユニバーサルデザインを導入していきます。

2ユニバーサルデザイン推進の基本姿勢


沖縄県では、ユニバーサルデザインを導入した社会環境づくりを推進するにあたって、利用者のニーズを把握し、ニーズに応えることをこころがけ、「法律や基準」の遵守だけではなく、「利用者の視点」を重視します。
そして、実際の施策、事業への取り組みにおいては計画、実施から評価、改善といった過程と、その過程における利用者の参加を大事にします。
また、ニーズに応えるためにつくる“もの”が、特別なものではなく、できるだけ(それひとつで)すべての人に対応できる、ようにすることも大切です。

コミュニケーションから生まれるもの


すべての人が利用しやすいものをつくるためには、ニーズ=どのようなものが必要とされているのか、をきちんと把握しなければなりません。そのためには、まず利用者の声を聞くことが大切です。
(ニーズは)漠然としていて、わかりにくいものもあるかもしれません。製作側の(技術的な)限界を超えたものかもしれません。しかし、利用者の意見を聞くことで、見えてくるものがきっとあるはずです。
さまざまなニーズを知り、利用者の視点になって考えることで問題の解決策を見出し、新たなものが誕生するきっかけになることも期待できます。コミュニケーションは、ユニバーサルデザインを実現するための重要な過程。利用者と製作者のコミュニケーションによって、新しいアイデアが誕生するのです。

よりよい社会の実現のために過程を重視する


利用者の意見を聞いてニーズを把握し、それに応えた製品や建物、環境、情報、サービスの提供に向けて取り組む姿勢は大切です。また、本当に必要とされるものを生み出すためには、アイデア(形式)ばかりに捕らわれることなく「過程」も重視しなければなりません。
利用者とのコミュニケーションをもとにアイデアを考え、形にし、評価を聞き、改善するというその過程こそが、誰にでも利用しやすいものを生み出す重要なシステムなのです。さらに、これらの過程を継続的に行うことが、より望ましいもの、よりよい社会の実現につながっていくのです。

沖縄県のユニバーサルデザイン推進5分野


「すべての人が暮らしやすく、すごしやすい社会」の実現のために、ユニバーサルデザインは、あらゆる分野に導入が必要とされています。
沖縄県では、さまざまな議論や提案等を踏まえて検討し、下記の5分野を中心にユニバーサルデザインを導入した取り組みを推進していきます。

ユニバーサルデザイン推進のための4つのキーワード


また、各分野でのユニバーサルデザイン導入の取り組みにあたって本県では、「簡単」「快適」「安全/安心」「柔軟(選択)」という4つのキーワードを掲げ、計画を推進していきます。

今後、具体的な施策や事業等にユニバーサルデザインを導入するにあたって、「これは『誰にでも簡単』に使えるかな?」「これは『誰にでも安全』に利用できるかな?」と検討するために、ユニバーサルデザインの7原則を簡略化したキーワードです。


→「沖縄県ユニバーサルデザイン推進指針」第3章へ

←「沖縄県ユニバーサルデザイン推進指針」第1章へもどる

↑「『沖縄県ユニバーサルデザイン推進指針』について」(目次など)へもどる

お問い合わせ

企画部企画調整課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟7階(北側)

電話番号:098-866-2026

FAX番号:098-866-2351

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?