• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 暮らし・環境 > 環境 > 沖縄の自然公園 目次 > 特別地域内の許可基準について

ここから本文です。

更新日:2014年7月18日

特別地域内の許可基準について

特別地域内の許可基準

自然公園区域内の第1~3種特別地域、特別保護地区、海中公園地区における許可の基準は以下のとおりです。

 → 自然公園内での許可基準について

 

※許可基準は、自然公園法施行規則第11条(下記の「許可基準(引用関係整理表)」参照)に定められたものです。
※沖縄県立自然公園(久米島、渡名喜、伊良部)においても同基準を準用(沖縄県立自然公園条例)しています。
※普通地域内は許可基準がありません(建築規制なし)。ただし、一定の配慮が必要となります。

普通地域における開発行為の届出について

特記事項

「建築物の高さ」地上に露出する部分の最後部と最低部との差(貯水タンク、煙突等の突起物も含める)となります。
「水平投影面積」庇や軒など建築物と一体であるすべての構造物を含めた建物の外側を算定します。
 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部自然保護課自然公園班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2243

FAX番号:098-866-2855

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?