• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 環境部 自然保護課 > CSF(豚コレラ)発生にともなう狩猟者の皆様へのお願い

ここから本文です。

更新日:2020年1月14日

CSF(豚コレラ)発生にともなう狩猟者の皆様へのお願い

令和2年1月8日に、本県の農場の飼養豚においてCSF(豚コレラ)陽性が判明しました。

CSFは豚やイノシシに感染する病気であるため、沖縄本島地域においてイノシシの狩猟を行う際には、通常の狩猟ルールに加え、下記の点に留意して実施をお願いします。

 

  • 野生イノシシCSF感染確認区域(野生イノシシの陽性が確認された地点から半径10㎞県内)で捕獲したイノシシおよびその肉、血液等については、原則としてCSF感染確認区域外に持ち出さないでください。
  • CSF感染確認地域内で感染したイノシシの肉の利用については、原則として自家消費のみとし、市場流通や他人への譲渡は行わないでください。 
  • 捕獲したイノシシ を運搬するときは、血液等が漏出しないようビニールで密封するなどの防疫措置を取ってください。
  • 野生イノシシの異常死、大量死などの異常があった場合には、速やかに家畜保健所(北部家畜保健衛生所)へ連絡するとともに、自然保護課へも情報提供をお願いします。

 

※なお、CSFは、豚、イノシシの病気であり、人に感染することはありません。

※沖縄県内では、野生イノシシへのCSFの感染は、令和2年1月14日現在確認されていませんが、野生イノシシを介した感染拡大を未然に防止する措置として周知するものです。

※飼養豚のCSF発生農場から半径10㎞圏内(県畜産課CSF関連ページをご確認ください)において捕獲した野生イノシシについても同様の取り扱いをお願いします。

CSF関連ページ(県畜産課)

 

参考資料:狩猟者のみなさまへ(PDF:857KB)(環境省鳥獣保護管理室)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部自然保護課(代表)

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2243

FAX番号:098-866-2855

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?