• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 報道提供資料 > 米軍基地特有の化学物質調査結果の公表について

ここから本文です。

更新日:2022年7月12日

米軍基地特有の化学物質調査結果の公表について

 県では、嘉手納飛行場より南の返還が予定されている基地周辺の地下水について、国内で使用が禁止されている物質(化審法の第一種特定化学物質等)や弾薬成分等米軍特有の化学物質に関し、環境中の汚染状況を調査したので調査結果を公表します。

【調査概要】
 嘉手納飛行場より南の返還予定地周辺の地下水(R1年度10地点、R2年度14地点、R3年度15地点)の水質検査を実施した。測定項目は以下のとおり。
 国内法使用禁止物質
  化審法 第一種特定化学物質に該当する物質
  (R1年度29項目、R2年度23項目、R3年度26項目測定)
 弾薬成分等
  弾薬成分等に加え、検討会等で注目すべき物質として取り上げられた物質
  (R2年度11項目、R3年度13項目測定)

【調査結果】
国内法使用禁止物質について、19項目(令和3年度)が検出された。

弾薬成分等について、弾薬成分であるRDXが4地点(令和3年度)で検出された。

なお、現在 国内で使用が禁止されているDDT、クロルデン、ディルドリン、アルドリン等の農薬成分等が多くの地点で検出されている。

 

調査結果概要(令和元年度~令和3年度)(PDF:1,977KB)

 

 

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境保全課水環境・赤土対策班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2236

FAX番号:098-866-2240

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?