• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 普天間飛行場泡消火剤流出事故に係る基地内調査について

ここから本文です。

更新日:2020年9月4日

  • 普天間飛行場泡消火剤流出事故に係る基地内調査について

 令和2年4月10日に発生した普天間飛行場におけるPFOSを含む泡消火剤の流出事故を受けて、県、国、米軍の3者で4月21日、5月1日及び5月11日に普天間飛行場内の水質調査及び土壌調査を行いました。

 今回、3者の結果が出揃いましたので、その結果をお知らせします。

経緯

  • 4月10日(金曜日) 普天間飛行場泡消火剤流出事故発生
  • 4月21日(火曜日) 基地内立入 基地内排水路の採水実施
  • 4月24日(金曜日) 格納庫横地下タンク周辺の流出個所の土壌撤去立会
  • 5月  1日(金曜日) 土壌撤去箇所より下層の土壌採取
  • 5月11日(月曜日) 土壌撤去個所及び排水路周辺の土壌採取

調査概要

県の測定結果概要

  1. 水質調査
    • 3地点のPFOS及びPFOAの合計は120~130ng/Lで、要監視項目の暫定指針値を超過していた。
  2. 土壌調査
    • 泡消火剤が漏出した格納庫周辺の除去土(表土)は3.2ng/g、格納庫周辺で表土を除去した後の土壌は0.7~4.4ng/g、排水溝周辺土壌は3.6~29ng/gであった。

今後の方針

 沖縄防衛局が宇地泊川で実施する水質調査結果の推移を注視するとともに、日米両政府に対して再発防止対策の徹底などを求めていきます。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境部環境保全課水環境・赤土対策班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(北側)

電話番号:098-866-2236

FAX番号:098-866-2240

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?