• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ホーム > 組織で探す > 【新型コロナウイルス感染症】療養期間中に提供された医療の公費負担について

ここから本文です。

更新日:2022年4月2日

【新型コロナウイルス感染症】療養期間中に提供された医療の公費負担について

 

 

ごあんない

公費負担イメージ

新型コロナウイルス感染症の療養期間中に提供された新型コロナウイルス感染症に関する医療については、保険給付分が差し引かれた自己負担相当分を公費で負担します。

公費負担の対象について

公費負担が適用される期間

陽性確定後、ホテルや自宅での療養期間中に病院などの医療機関で受けた診療や投薬が支給の対象です。療養期間には、ホテル入所または病院入院までの自宅待機期間が含まれます。  

          期間

※陽性確定診断後、医師が新型コロナウイルス感染症の治療のため必要と認めた医療費は公費負担の対象となります。

※公費負担医療費は医療機関が審査支払機関へ請求します。

 

公費負担が適用される医療の事例

 

支給対象可否

お問い合わせ

保健医療部ワクチン・検査推進課検査・支援班

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階

電話番号:098-866-2013

FAX番号:098-869-7100

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?