• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2012年8月24日

デイケア通所者の声

デイケアメンバーの声

 

  • 初めてデイケアに通った頃は希死念慮に苛まれ、笑顔を失っていました。でも、このデイケアで、同じ病を抱えた人達と出会えたことで孤独感が消え、病と対峙する勇気を与えてくれました。そして、うつ病を絶対に治すという強い気持ちをもってうつを完治することに真剣に向き合い、CBT(認知行動療法)の課題をこなし、普段の生活の中で実践し続けたことで、現在の私は最初の頃とは比べようのない程、生きていることの悦びを実感する日々が増えました。
  • 自分の悩みをデイケアで話し聞いてもらうことで、他の方も同じ経験をしているのを知り、仲間がいるということが大きな励みになりました。
  • デイケアで同じ病気の悩みを抱えている人達と交流でき、人と出会うことが楽しくなりました。
  • デイケアに通うことで多くの仲間に出会え、心の支えになりました。
  • まだ自分の気分が周りに左右されやすく、コントロールが難しい時もありますが、今は気分が沈む時、その原因は何だったのか客観的に自分を観るようになってきました。
  • 完全を求めないようにしています。
  • 自分を責めることをやめました。
  • 自分のマイナス思考が病気の根底にあることに気付き、マイナス思考になってしまう時があっても修正するように心がけました。
  • 今までは人からの誘いを断るのが苦手でしたが、今ではちゃんと理由を言って断れるようになりました。自分の思ったこと、考えていることが言えるようになってきました。
  • まだ自己否定感がありますが、以前と比べて自分を肯定的に認めることができるようになりました。
  • CBTのレッスンの中で、みんなで良いところを褒め合うので、自分にはこんなにたくさんの長所があったんだ、と初めて自分を褒める訓練ができました。
  • 小さなことでも自分が出来るようになったら、自分に拍手して、自分なりに出来ることをやれば良いのだと思えるようになりました。

 デイケアスタッフの声

 

  • 回を重ねる毎に表情が和らぎ笑顔が増えていく姿を見て、デイケアの効果を再認識し、大変嬉しく思いました。
  • デイケアに参加して、徐々に明るくなっていくメンバーの様子を見ていると、こちらまで楽しくなります。
  • 利用者が日に日に笑顔を取り戻し「はじめてこころの底から笑えるようになった」、「会社で上司の言動にビクビクしなくなっている自分に気づいた」などと変化していく過程を目の当たりにし、うつ病者の回復プログラムにCBT(認知行動療法)はとても有効な手段であることを実感しています。



  うつ病デイケアへ戻る

お問い合わせ

保健医療部総合精神保健福祉センター(代表)

〒901-1104 沖縄県島尻郡南風原町字宮平212-3

電話番号:098-888-1443

FAX番号:098-888-1710

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?