• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2012年8月24日

オニダルマオコゼ

浅いサンゴ礁等にいることが多く、色や形が石や岩によく似ており、じっとして動かないため気づかずに踏みつけてしまうことがある。

背びれに棘があり、棘はゴム底の靴を貫通するほど強力。

棘の根本に毒のつまった袋がある。

オニダルマオコゼの毒は猛毒で、ハブ毒の30倍以上と言われる。

さされると激しい痛みやしびれがあり、海外では死亡事例も報告されている。

刺されないためには

1.オニダルマオコゼの棘は太く硬く、ゴム底の靴では突き通してしまうので、フェルト底の靴を使用する。

2.岩や石に擬態しているので、シュノーケリングをするときは周囲に十分注意する。

刺されてしまったら

1.すぐに海からあがる。

2.棘が残っていれば、目に見える大きな棘は取り除く。

3.傷口を清潔に保つ。

刺されてすぐであれば、傷口から毒を絞り出すことも有効。

4.痛みを和らげるため、患部を40~45度のお湯につける

やけどしないよう、お湯の温度に気をつける。

5.医療機関で治療を受ける。

 

お問い合わせ

保健医療部衛生薬務課薬務室

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(南側)

電話番号:098-866-2215

FAX番号:098-866-2241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?