• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2012年8月24日

カツオノエボシ

青白い浮き袋をもち、そこから青く長い触手が伸びている。

浮き袋で風を受けて移動するため、強い風で海水浴場に運ばれ、被害が発生することがある。

刺されると電気が走ったような強い痛みを感じるため、「デンキクラゲ」とも呼ばれる。

日本では死亡事例の報告はないが、海外では報告されている。

刺されないためには

1.ハブクラゲ侵入防止ネット内で泳ぐ。

2.肌の露出を避けるため、ウェットスーツ、ラッシュガード、長そでTシャツやスパッツを着用する。

3.打ち上げられたカツオノエボシにいたずらをしない。

刺されてしまったら

1.すぐに海からあがる。

2.海水をかけて、触手を洗い落とす。

触手に、水、アルコール酢をかけると、未発射の刺胞を刺激するので絶対しないこと。

また、砂をかけて払い落とすと、未発射の刺胞が発射してしまうので絶対しないこと。

3.海水をかけても触手が剥がれないときは指先で優しく取り除く。

4.痛みがひどいときは、氷または冷水で冷やすと痛みが和らぐ。

5.医療機関で治療を受ける。

呼吸停止・心停止に陥った場合はすぐに心肺蘇生法を開始すること。

 

お問い合わせ

保健医療部衛生薬務課薬務室

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(南側)

電話番号:098-866-2215

FAX番号:098-866-2241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?