• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2012年8月24日

ヒョウモンダコの仲間

浅い海の岩礁や潮だまり、岩の下等に生息している。

体長は10cmほどの小さなタコで、驚いたり刺激を受けると青色の円形の模様が鮮やかに浮かび上がる。

ヒョウモンダコの毒はフグと同じ猛毒のテトロドトキシンであり、足の付け根にある「からすとんび」という嘴で咬むことで毒が注入される。

咬まれないためには

1.きれいなタコを見つけてもさわらない。

咬まれてしまったら

1.すぐに海からあがる。

2.安静にし、すぐに医療機関で治療を受ける。

口で毒を吸い出すのは非常に危険なので、絶対しないこと。

呼吸困難な場合には、人工呼吸をする。

 

お問い合わせ

保健医療部衛生薬務課薬務室

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(南側)

電話番号:098-866-2215

FAX番号:098-866-2241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?