• 検索について
  • 組織で探す
  • 文字サイズ・色合い変更
  • ホーム
  • 暮らし・環境
  • 健康・医療・福祉
  • 教育・文化・交流
  • 産業・仕事
  • 社会基盤
  • 県政情報
  • 基地

ここから本文です。

更新日:2012年8月24日

ハブクラゲ

ハブクラゲは、かさが半透明のため水中で見えにくく、刺されてはじめて気付く場合が多い。

6月~9月にかけて多く発生し、特に波の静かな砂浜や、入り江、人工ビーチなどで被害が多い。

20~30cmと浅い砂浜でも刺症事故が発生している。

ハブクラゲの触手には、刺胞と呼ばれる毒の針の入ったカプセルがたくさんあり、刺激を受けると毒針が飛び出すしくみになっている。

刺されると激痛を生じ、みみずばれのような跡になるのが特徴。

沖縄ではこれまでに3件の死亡事例が報告されている。

刺されないためには

1.ハブクラゲ侵入防止ネット内で泳ぐ。

2.肌の露出を避けるため、ウェットスーツ、ラッシュガード、長そでTシャツやスパッツを着用する。

刺されてしまったら

1.すぐに海からあがる。

2.食酢をたっぷりかけて、触手を洗い落とす。

触手に真水、アルコールをかけると未発射の刺胞を刺激するので絶対しないこと。

また、砂をかけて払い落とすと未発射の刺胞が発射してしまうので絶対しないこと。

3.食酢をかけても触手が剥がれないときは指先で優しく取り除く。

4.痛みがひどいときは、氷または冷水で冷やすと痛みが和らぐ。

5.医療機関で治療を受ける。

呼吸停止・心停止に陥った場合はすぐに心肺蘇生法を開始すること。

 

応急処置(ハブクラゲ)(PDF:317KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健医療部衛生薬務課薬務室

〒900-8570 沖縄県那覇市泉崎1-2-2 行政棟4階(南側)

電話番号:098-866-2215

FAX番号:098-866-2241

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?